小出恵介の「示談金1000万円」は芸能活動での必要経費となるのか!?

小出恵介が17歳と不適切な関係、アミューズが示談金として1000万円を支払いか

記事まとめ

  • 17歳女性と不適切な関係を持った小出が、示談金として1千万円を支払ったと報じられた
  • この示談金について、業界関係者は「小出に対する債権となる可能性が高い」と話す
  • 今回の一件で小出の出演映画などが中止となり、億単位の損害賠償を求められるのは確実

小出恵介の「示談金1000万円」は芸能活動での必要経費となるのか!?

小出恵介の「示談金1000万円」は芸能活動での必要経費となるのか!?

小出恵介の「示談金1000万円」は芸能活動での必要経費となるのか!?

 17歳女性と不適切な関係を持った俳優の小出恵介が、示談金として1000万円を支払ったと6月20日発売の写真誌「FLASH」が報じている。同記事によると被害者女性が友人に対し、所属事務所のアミューズから1000万円をもらった、と話していたという。

 ここで気になるのがその1000万円の出元だ。アミューズは東証一部上場の大企業で、その財務情報は基本的に公開されている。しかも間の悪いことに6月25日には定時株主総会が予定されており、株主から今回の示談金について質問が出る可能性も高い。その示談金について業界関係者が語る。

「アミューズが小出の雇用主として示談金を支払ったのであれば、その1000万円をどう経理処理するのかが問題となります。示談金(損害賠償金)を必要経費とするためには、損害の発生が業務に関連している必要があり、たとえば映画撮影中に発生した事故などが該当します。しかし今回は小出のプライベートで発生した事件ですから、業務関連とは認められず、必要経費にはできないはず。経理的に言えば“損金算入”はできないということです」

 それではこの1000万円はどういう扱いになるのか。

「今回のケースでは、小出に対する債権となる可能性が高いですね。要するにアミューズが小出に1000万円を貸し付けた形になります。もちろん貸したお金は返してもらいますから、小出のギャラから1000万円が差っ引かれることになるでしょうね」(前出・業界関係者)

 もっとも今回の一件では小出の出演映画やドラマが中止になり、億単位の損害賠償を求められるのは確実。もはやアミューズでは1000万円の示談金など、さほどの問題ではなくなっているのかもしれない。

(金田麻有)

関連記事(外部サイト)