すみれが訴えられちゃう!?インスタ投稿カラオケ動画が問題視される理由

すみれがインスタグラムに動画投稿 セレーナ・ゴメスの曲歌う動画に法律違反の声も

記事まとめ

  • モデルのすみれがインスタグラムに投稿した動画に、法律違反ではないかとの声がある
  • すみれはカラオケでセレーナ・ゴメスの「Hands To Myself」を歌っているシーンを投稿
  • メーカーから削除依頼を受ける可能性は十分あると著作権事情に詳しい週刊誌記者は説明

すみれが訴えられちゃう!?インスタ投稿カラオケ動画が問題視される理由

すみれが訴えられちゃう!?インスタ投稿カラオケ動画が問題視される理由

すみれが訴えられちゃう!?インスタ投稿カラオケ動画が問題視される理由

 6月21日にモデルのすみれがインスタグラムに投稿した動画に問題が持ち上がっている。何でもこれが法律違反ではないかというのだから穏やかではない。

 その動画はすみれが友達とカラオケに興じるシーンを映したもの。彼女が楽しそうにセレーナ・ゴメスの「Hands To Myself」を歌っている。時間にしてわずか15秒ほど。それがなぜ法律違反なのだろうか。著作権事情に詳しい週刊誌記者はこう説明する。

「今年5月、カラオケ店で歌っている自身の動画をYoutubeに投稿した男性に対して、カラオケ機器メーカーが動画の削除を求める訴訟を起こし、東京地裁がメーカーの主張を認める判決を言い渡しました。メーカーの主張は『自社が制作した伴奏を使っていることが著作権の侵害にあたる』ということでした。すみれが歌っているのもカラオケですから、メーカーから削除依頼を受ける可能性は十分あります」

 2016年秋に突如としてボートレースのCMキャラクターを降板、日本での芸能活動を休止してハワイで休養に入ったすみれ。父親の石田純一が「週刊新潮」の取材に、ネットでの誹謗中傷が原因で精神的に参ってしまったことが休養の原因だと語っているが、カラオケ動画を見るともう問題なさそうだ。もっとも彼女の元気な歌唱シーンが削除されてしまうとしたら残念だが‥‥。

関連記事(外部サイト)