「やめてくれと言われるまで…」森高千里、48歳でも“ミニをはく”宣言!

48歳の森高千里、高橋みなみに“コンサートでミニスカートをはく”宣言

記事まとめ

  • 森高千里がラジオ番組『高橋みなみの「これから、何する?」』で、驚きの発言をした
  • 今年でデビュー30周年を迎え48歳になる森高が、コンサートでミニスカを履くと宣言した
  • 森高は「ムリだからやめてくれって言われるまではきたい」とまで語っているという

「やめてくれと言われるまで…」森高千里、48歳でも“ミニをはく”宣言!

「やめてくれと言われるまで…」森高千里、48歳でも“ミニをはく”宣言!

「やめてくれと言われるまで…」森高千里、48歳でも“ミニをはく”宣言!

 今年でデビュー30周年を迎える歌手の森高千里。今年の10月にはコンサート「TOMORROW NEVER KNOWS」を開催。それだけではない、7月には1991年に行われた渋谷公会堂公演の模様を収めたBlu-ray&DVDもリリースを予定している。

 そんな森高は、6月21日放送のラジオ番組『高橋みなみの「これから、何する?」』にゲスト出演。そこで驚きの発言をしたという。

「今年で48歳になる森高のコンサートに話題が及んだ時です。高橋が『ミニスカの森高さん、見たいです』と言ったところ、なんと森高が『ミニスカ、頑張りますよ!』と宣言したんです。もしそれが実現したら、往年の森高ファンは涙を流して喜びますよ」(女性誌記者)

 このコンサートでは、1991年から1993年に行われたツアーのセットリストを再現するというもの。もちろん当時の森高は、バリバリにミニスカ姿で活躍していた時代。ファンならずとも期待したいところだが、森高は衣装に関して、

「まだ具体的に決めてなくて、これから練ろうかなと思います。まったく同じ衣装は残ってないので、そのままというのは無理なんですけど」

 と答えている。当時の衣装が残っていないとは残念だが、ミニスカ復活に向けて期待が持てそうだ。

「実は森高はミニスカを履くことが“原動力”にもなっているんです。以前にネットで公開された本人のインタビューでは『基本、ミニスカートは好きだからはいているだけなんです』と明かし、ミニスカをはいてステージに立つために『ジムに通ったり、夜は炭水化物を食べなかったり(中略)好きなことをやっていることが原動力になっている』『ムリだからやめてくれって言われるまで、はきたいなと思います』とまで語っていました」(芸能プロ関係者)

 ここまで証言がそろうと、ますますミニスカへの期待は高まるばかり。今秋のコンサートは大注目だ。

関連記事(外部サイト)