吉高由里子、イベントで「IKKOのモノマネ」披露で、お笑い路線に転向!?

吉高由里子がイベントで「IKKOモノマネ」披露しお笑い路線に? 関西弁が話せる説も

記事まとめ

  • 吉高由里子は『東京タラレバ娘』以降、目立った活動はないが久しぶりにイベントに登場
  • グリコの新商品の発表会で吉高はIKKOっぽく言うというモノマネを披露したそう
  • 『しゃべくり007』では上田晋也に突っ込まれるなど独自の笑いのセンスを持っている

吉高由里子、イベントで「IKKOのモノマネ」披露で、お笑い路線に転向!?

吉高由里子、イベントで「IKKOのモノマネ」披露で、お笑い路線に転向!?

吉高由里子、イベントで「IKKOのモノマネ」披露で、お笑い路線に転向!?

 女優の吉高由里子が久しぶりに表舞台に姿を現したのは、去る6月26日。都内で行われたグリコのアイスクリーム新商品の発表会に登場したのだが、彼女は、今年1月から3月にかけてドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)に出演した以降、目立った活動はしていない。

「彼女の姿を観るのは実に3カ月ぶり。久々のイベント出演ということもあり、本人も『緊張している』と話していました」(スポーツ紙カメラマン)

 しかし、とてもそうとは思えない場面も見られた。

「新商品では、入手困難とされるイチジク“佐渡の黒ダイヤ”が使用されていますが、それを聞いた吉高が『すごいー! IKKOさんが出てきたー。“まぼろし〜”と言ってますよ(笑)』と、『まぼろし〜』のところを人差し指を立てて横に振りながら、IKKOっぽく言うというモノマネを披露したんです」(イベント関係者)

 予想外の吉高のモノマネに会場も盛り上がり、和やかな雰囲気に包まれた。

「吉高は、3年前にNHK朝ドラ『花子とアン』に出演して以来、“沈黙の1年間”と称され、言わば仕事がない状態だったと聞いています。原因は現在は退社している当時のマネージャーと事務所との関係にあったとも言われていましたが、時間も経過し、今年から徐々に仕事が増えつつあります。このイベントは、彼女にとって大事なアピールの場所。モノマネも、その一環だったのでしょうね」(前出・イベント関係者)

 実はもともと、吉高の弾けっぷりには定評があると言う。

「今年1月に『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した時も、『催眠術にかかる気がしない』と言っておきながらあっさりかかってしまったり、ツボにハマったのか大笑いが止まらず上田に『吉高さん、酔ってる?』と突っ込まれるなど、独自の笑いのセンスを持っています」(放送作家)

 吉高は、お笑い芸人とも親交が深く、笑福亭鶴瓶やハリセンボンの近藤春菜とも仲がいい。東京出身にもかかわらず、関西弁が話せるという噂も。お笑い路線に転向しても、充分やっていけるのかもしれない…!?

関連記事(外部サイト)