高橋真麻の銃撃シーンがすごすぎと評判で「刑事ドラマ親子共演を!」の声

高橋真麻の銃撃シーンがすごすぎと評判で「刑事ドラマ親子共演を!」の声

高橋真麻の銃撃シーンがすごすぎと評判で「刑事ドラマ親子共演を!」の声

 タレントの高橋真麻が7月1日、ブログに投稿した1枚の写真が「胸がすごすぎ」として話題になっている。

 真麻はオフを利用して台湾を旅行中で、いつものようにおいしそうなご飯の写真をこれでもかと投稿している。そんな中、夜市で射的に興じる彼女の写真が公開された。

 銃を構える真麻を横から捉えたショットで、まるでアクション映画のワンシーンのよう。銃の持ち方はぎこちないものの、なかなかサマになっている。

「かっこよく撮れていますね。ただ、この写真の一番の見どころは大きく張り出したGカップでしょう。胸が彼女の肘のあたりまで盛り上がっていて、いったい何が詰まっているのかと軽く尋問したくなりますね(笑)」(芸能ライター)

 豊かな胸を愛するファンの間ですぐに話題となり、「胸が盛り上がりすぎでしょ。Gカップより大きくなっているんじゃないの?」「真麻に撃たれたい。銃じゃなく胸で」と絶賛の声が続いている。

「父親の高橋英樹といえば、2時間サスペンスドラマの常連。真麻も刑事役でぜひ親子共演も!という声も出ています。彼女の胸を十分に活かした銃撃シーンがあれば、視聴者をひきつけるでしょう。親子共演となれば話題性も十分。実現の可能性は決して低くはないと思います」(テレビ誌ライター)

 真麻の「パイ銃」は見事、ファンのハートを撃ち抜いたようだ。

関連記事(外部サイト)