松居騒動で視聴率が上昇した船越英一郎が司会「ごごナマ」の致命的弱点!

松居一代と騒動の船越英一郎、美保純が司会のNHK『ごごナマ』に弱点 10月での改編も?

記事まとめ

  • 『スタジオパークからこんにちは』を打ち切り始まった船越と美保純司会の『ごごナマ』
  • 『あさイチ』昼版を目指すも苦戦が続いたが、松居一代の騒動が影響したのか視聴率上昇
  • もはや内容ではなく船越英一郎の動向をウォッチングする番組になっているとTV関係者

松居騒動で視聴率が上昇した船越英一郎が司会「ごごナマ」の致命的弱点!

松居騒動で視聴率が上昇した船越英一郎が司会「ごごナマ」の致命的弱点!

松居騒動で視聴率が上昇した船越英一郎が司会「ごごナマ」の致命的弱点!

 7月10日放送の船越英一郎司会の昼の生情報番組「ごごナマ」NHKの視聴率が4.1%(ビデオリサーチ調べ、関東)と普段よりジャンプアップした。同時間帯の前4週平均2.8%を大きく上回っている。

 これを、妻・松居一代との騒動が影響したとみる向きは多い。

「この番組は『おしゃべり日和』というトークコーナーが大半を占めますが、視聴習慣がついていないため、かなりネームバリューがあるようなゲストでも数字が劇的に上がることはありません。しかもこの日のゲストは芸人のはなわですから、普段このチャンネルを合わせないような視聴者が、船越の様子をうかがうために見たと判断するべきでしょう」(芸能ライター)

 そもそも「ごごナマ」は、22年間続いた人気番組「スタジオパークからこんにちは」を打ち切り、鳴り物入りで昼間の視聴率激戦区にNHKが始めた番組。司会に船越と美保純を抜擢し、同局の「あさイチ」の昼版を目指したものの苦戦続き。そんな低迷番組の視聴率が上向いた原因が、今、最も関わりたくない妻にあろうとは、船越も痛しかゆしといったところだろう。

 何とも皮肉な好視聴率だが、それでもテレ東を除く同時間帯の最下位の視聴率であることに変わりはない。

 この現状についてテレビ関係者は辛口だ。

「ネットニュースでは、芸人のはなわが歌う『お義父さん』という歌に船越が涙を見せたことが話題となっていましたが、もはや内容ではなくて船越の動向をウォッチングする番組になっています。視聴者も、もはや『はなまるマーケット』(TBS系)や『あさイチ』がやってきたようなことを見せられても興味が湧くはずもない」

 さらに別のテレビ関係者は、同番組のこんな「弱点」を指摘する。

「この番組は放送作家がいないんですよ。ディレクターだけで作っている。どうすれば船越と美保をうまく使えるのかをアドバイスするブレーン的な立場の人間もおらず、暗中模索の中で作っている。10月での改編も囁かれています」

 そんなこんなで日に日にお茶の間に見せる表情がやつれてきたとも指摘される船越。元気な顔を見せてくれるのはいつになるのだろうか。

(魚住新司)

関連記事(外部サイト)