滝沢カレンの“野望”の前に立ちはだかる「お粗末な特技」!

滝沢カレンの“野望”の前に立ちはだかる「お粗末な特技」!

滝沢カレンの“野望”の前に立ちはだかる「お粗末な特技」!

 7月16日放送の嵐・二宮和也の冠番組「ニノさん」(日本テレビ系)で、モデル兼タレントの滝沢カレンがトンデモ発言を連発で波紋を呼んだ。

 MCの二宮にこれからの夢を聞かれ、「小さな夢ですけど」と断りを入れながら、とてつもなくデカい野望を説明し始めたのだ。真面目な顔で「リーダーになりたい」と始めたため、二宮は目を白黒させた。

 滝沢はグループ活動をしておらず、誰かとユニットを組んでいるわけでもないのに、なぜかリーダーを連発する。周囲が首を傾げる中、滝沢は「招いていただいていることばかりで、たまには招きたい。もう聞かれることも聞かれたし、もう言うこともないので。リーダーなことしたい」と熱弁をふるった。

 ここまで来て、ようやく二宮はリーダー=ホステス、ゲストでなく、ホステスとして番組を回していきたいと熱っぽく語っていたことを悟ったのだった。

 今回の「ニノさん」は、出演者の過去の発言をほじくり出して、笑いを取る趣向で、滝沢はお得意の「四字熟語ネーム」を披露。まず、以前、他の番組で笑福亭鶴瓶を「快楽名人」、山崎弘也(ザキヤマ)を「大声芸人」、今田耕司を「独身番長」と名付けたことが紹介された。そして、スタジオではオネエ系美容家のIKKOを「美容怪獣」と名付け、初顔合わせの俳優、東幹久の顔をなめるように見つめたあげく「何故色黒」と命名。自宅でゲーム三昧が趣味という二宮には「趣味在宅」など、毒にも薬にもならないネーミングであった。

「滝沢のヘンテコ日本語の真骨頂は、インスタグラムのいかにも怪しい日本語。残念ながら四字熟語ネームはそれほどのパンチも面白さも感じられなかった。見た目や感じたままをそのまま表現しているだけでひねりもない。婚活中のお笑いコンビ『スピードワゴン』の小沢一敬が、滝沢に気があるのか、『天才現る、マジすごい』、『スゴイよ、センスの塊だよ』とあからさまなお世辞を連発して、ウザさが際立ったくらい」(テレビ誌記者)

 この程度の技では、番組ホステス就任は夢のまた夢と言わざるをえない。

(塩勢知央)

関連記事(外部サイト)