出川哲朗、初冠番組も絶好調を後押しした「陰でも人を褒める」苦労人伝説

出川哲朗、初の冠番組で高視聴率を維持し、テレビ東京躍進の原動力のひとつとも

記事まとめ

  • 出川初の冠番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」は高視聴率を維持している
  • an・anの『嫌いな男ランキング』で殿堂入りしていた頃がウソのように若い女性から人気
  • 『世界の果てまでイッテQ!』の奮闘ぶりもあるが悪口を言わず信頼を勝ち取っているよう

出川哲朗、初冠番組も絶好調を後押しした「陰でも人を褒める」苦労人伝説

出川哲朗、初冠番組も絶好調を後押しした「陰でも人を褒める」苦労人伝説

出川哲朗、初冠番組も絶好調を後押しした「陰でも人を褒める」苦労人伝説

 今年の6月、テレビ東京は開局53年目にして、初めてゴールデンタイムの視聴率で民放キー局3位に躍進。全仏オープンテニスでの錦織圭の活躍、世界卓球選手権のメダルラッシュなども奏功したが、もうひとつテレ東躍進の原動力になっていると言われるのが、53歳にして大ブレイク中のベテラン芸人・出川哲朗の存在だ。出川初の冠番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」は、4月15日からレギュラー番組に昇格して以来、5月27日には最高視聴率8.3%を記録すると、今月15日の特番でも8.1%と高視聴率を維持している。

「『an・an』が毎年行っている『嫌いな男ランキング』で5年連続ランキング1位となり、殿堂入りしていた頃がまるでウソのよう。最近は若い女性から『かわいい』と言われて大人気。本人も『やっと時代が俺に追いついた!』と豪語してます。テレ東の小孫茂新社長も定例会見で番組の魅力について、真っ先に出川の人柄を絶賛していました」(女性誌記者)

 こうした成功の要因としては、もちろん高視聴率番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)も含めたバラエティ番組での奮闘ぶりなどが見逃せない。しかし出川の魅力について、事情通はこう分析する。

「創業明治27年の老舗の海苔問屋に生まれた育ちの良さもありますが、実はその店も出川が高校時代に倒産寸前まで追い込まれた。そして家族を支えるため、有名料亭で働くために尼寺に住み込み修行した経験を持つ、なかなかの苦労人です。こうした苦労で身に付いたのか、お笑いの世界でも『他人の悪口を言わない』『言わないどころか、陰でも褒めまくる』と言われ、芸人仲間の間でも信頼を勝ち取っています」(放送作家)

 リアクション芸人から”愛されるゆるキャラ”として、冠番組が今後も増える可能性は大。出川哲朗は、これからが本当に「ヤバい」!?

関連記事(外部サイト)