新垣結衣の胸が辱められた!?「コード・ブルー」山下智久の問題シーン!

新垣結衣の胸が辱められた!?「コード・ブルー」山下智久の問題シーン!

新垣結衣の胸が辱められた!?「コード・ブルー」山下智久の問題シーン!

 7月17日に放送された山下智久主演のテレビドラマ「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON」(フジテレビ系)の初回視聴率が、16.3%だったことがわかった。同ドラマは月9枠において、久しぶりの高視聴率となった。

「昨今、1ケタ視聴率を連発していた月9ですが、今回は人気ドラマの続編であり、山下、新垣結衣、戸田恵梨香といった主役級のキャストをそろえたことで、多くの視聴者を集めることに成功しました。しかし今後、月9という枠に捉われて、恋愛要素が増える可能性も浮上しており、医療ドラマファンからは不安の声があがっています」(テレビ誌記者)

 そんな中、第1話では山下のあるシーンに注目が集まった。劇中で彼が制服を着替える際、鍛え上げられた胸筋が露わになると、視聴者の間で様々な声が飛び交ったという。

「山下が着替えシーンで上半身を露わにした時、横からのカメラワークだったため、異常なほど盛り上がった胸筋が映ったのです。その膨らみはCカップはあるのではと思われるほどで、視聴者からは『ガッキーより胸がある!』といった意見がSNSで殺到する流れとなりました。その山下はかつてはやせ細っていたものの、2011年に主演した映画『あしたのジョー』で役作りのため本格的に筋トレを開始。それが習慣化して、ここまで胸板が成長したのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 自慢の筋肉を披露して女性視聴者を喜ばせた山下。しかしその一方で、新垣は胸のサイズを比べられ、ある意味、辱められてしまう事態となり、思わぬトバッチリを受けたようだ。

関連記事(外部サイト)