V6、グループ名の由来に「新説」登場!井ノ原快彦が深く関わっていた!?

V6、グループ名の由来に「新説」登場!井ノ原快彦が深く関わっていた!?

V6、グループ名の由来に「新説」登場!井ノ原快彦が深く関わっていた!?

 1995年のV6を皮切りに、99年は嵐、03年はNEWS、07年はHey!Say!JUMP、11年はSexy Zoneが、フジテレビ系「バレーボールワールドカップ」の大会サポーターを務め、グループのテーマソングがデビュー曲になっている。

 つまり、この間は、4年に1度のペースでジャニーズ事務所から新グループが誕生しているのだ。2015年はセクゾが続投した。

 先陣を切ったV6を命名したのは当然、ジャニー喜多川社長。「V6」には実に深い意味が込められているという。

「“6”は、グループの人数。“V”には、いろんな意味があったと聞きます。当然、Volleyball(バレーボール)。ほかには、勝利のVictory(ビクトリー)も意味しているとか。バレーはチーム同士の戦いであることから、お兄ちゃん組を『20th Century』、弟組を『Coming Century』とあえて分けて、トニセンVSカミセンの対立構図を作り、Versus(バーサス)の意味も込めたそうです」(アイドル誌ライター)

 しかし、これだけでは止まらないのがジャニーさん。坂本昌行の実家が八百屋であることを思いだし、「VegetableのVだよ」と強引にこじつけたという。さらに、長野博の実家が自転車屋であることも思いだし、「バイシクール(自転車)もVだし」と続けた。しかし、これは大きな勘違い。自転車の表記は、bicycle。Vは無関係だ。

「そこで同じトニセンの井ノ原快彦がジャニーさんにツッコミました。『社長、僕はなんですか?』と意地悪な質問をすると、『ベテラン(Veteran)だよ』と実に秀逸な答え。名司会者となるイノッチを見据えたようなご名答でした」(前出・アイドル誌ライター)

 森田剛、三宅健、岡田准一らカミセンにとっての“V”は何か。ジャニーさんの答えを聞いてみたい!

(北村ともこ)

関連記事(外部サイト)