天才テリー伊藤対談「川地民夫」(3)小林旭はとにかく負けず嫌いだった

天才テリー伊藤対談「川地民夫」(3)小林旭はとにかく負けず嫌いだった

天才テリー伊藤対談「川地民夫」(3)小林旭はとにかく負けず嫌いだった

テリー 川地さん、当時は相当稼いでいたでしょう? だって、あの頃の映画スターですからね。

川地 金なんか一銭もないですよ。映画に出て、終わっても「ご苦労さん」って20万かそこら渡されるだけですから。

テリー 当時の20万って、今だと200万ぐらいじゃないですか。あの頃の初任給って1万〜2万ですから、やっぱり相当なものだと思いますけど。

川地 でも、当時の映画会社で考えると、日活はすごく安いんですよ。あれだけの人気者だった裕次郎でさえ、1本100万だったんだから。

テリー それでも安いほうなんて、ちょっとレベルが違いすぎるな(笑)。川地さんは、お金を何に使っていたんですか?

川地 飲み屋ですね。銀座に行ったり‥‥考えてみたら、あの頃は飲み屋も高かったんだね。1軒4〜5人で行ったら、やっぱり10万〜20万は払ってたから、ほとんど残らないですよ。

テリー 当時、誰とよく飲んでいたんですか?

川地 年中一緒に遊んでいたのは、沢本忠雄。日活に入った時には、沢本、小林旭と僕で「三悪トリオ」なんていうくくりで売り出されましてね。

テリー ありました、ありました。

川地 その頃の裕次郎の愛称が「タフガイ」で、二谷英明が「ダンプガイ」、のちに旭も「マイトガイ」になった。

テリー 日活の男性スターの愛称は、「ガイ」で統一されていましたね。

川地 それで、僕と沢本で「俺たちは“何ガイ”ですか?」って日活に聞きに行ったの。そうしたら「問題外だ」って(笑)。

テリー アハハハハハ! しかし、当時の日活にはいろいろ個性的な役者がいましたよね。

川地 そうですね。僕のすぐあとに入ってきたのが赤木圭一郎。

テリー 赤木さん、鮮烈な印象を残しましたね。カートの事故で若くして亡くなってしまいましたけど、どんな印象の方でしたか。

川地 どんくさいヤツだったんですよ。映画ではあんな感じなんだけど、実際は“スポーツ不万能”っていう感じ。だから、あんなことになっちゃったんだね。

テリー では、小林旭さんは?

川地 うん、出会った時から「あいつは出世するな」って思ったね。とにかく負けず嫌い。「俺は石原裕次郎のようになるんだ」って。裕次郎を“憧れ”じゃなく、“ライバル”として見ていたし、力道山の道場にも通って体を鍛えていたから。

テリー さっきチラッとうかがいましたけど、日活スターの男女関係って、どんな感じだったんですか?

川地 割と乱れていたんじゃないですか。いや、特定の人が(笑)。

テリー へえ、例えばどういう方が?

川地 二谷英明とかね。

テリー 二谷さん、一見、真面目そうですけどね。

川地 あの人のアダ名は「偽牧師」だから。タバコのピース缶を抱えて口説いている姿が、聖書を持った牧師みたいに見えるからなんですけどね(笑)。で、裕次郎のアダ名は「ニワトリの裕次郎」。

テリー そりゃまた、どういう意味ですか?

川地 早いんですよ。女の部屋に行って、5分で出てきちゃう。で、宍戸錠は「早乗りの錠」。

テリー アハハハハ! いちいちウマイなぁ。

関連記事(外部サイト)