ふかわりょう、北朝鮮のミサイル発射で「風評被害」を受けたのはナゼ!?

ふかわりょうに“風評被害” トランプ大統領が金正恩氏を“ロケットマン”呼ばわり

記事まとめ

  • ふかわりょうが北朝鮮のミサイル発射に絡めて話題にのぼり“風評被害”を受けている
  • ドナルド・トランプ大統領が金正恩氏をふかわの別名“ロケットマン”呼ばわりしたため
  • 「金正恩とふかわがユニット組んだの?」といったツイートが大量に投稿されている

ふかわりょう、北朝鮮のミサイル発射で「風評被害」を受けたのはナゼ!?

ふかわりょう、北朝鮮のミサイル発射で「風評被害」を受けたのはナゼ!?

ふかわりょう、北朝鮮のミサイル発射で「風評被害」を受けたのはナゼ!?

 ふかわりょうと言えば、個性派お笑い芸人として活動しながら、10枚以上のCDをリリースしているDJとしても知られている。そのふかわがなぜか、北朝鮮によるミサイル発射に絡めてやたらと話題にのぼり、ちょっとした「風評被害」を受けているというのだ。週刊誌記者が苦笑いしながら説明する。

「その原因はドナルド・トランプ米大統領にあります。トランプ大統領は9月17日に韓国の文在寅大統領と電話会談し『ロケットマンはどうしているのかと訊ねた』とツイート。北朝鮮のトップである金正恩氏を“ロケットマン”呼ばわりしたわけですが、その名前が、ふかわがDJとして活動する時の別名と同じだったのです」

 ふかわは98年からROCKETMAN名義で活動しており、8年以上にわたって「ROCKETMAN SHOW」というラジオ番組を持っていたことも。お笑い芸人としてはイマイチと評されがちだが、ROCKETMANとしては音楽界で高い評価を受けている。そのためお笑いファンや音楽ファンは「ロケットマン=ふかわりょう」というイメージを抱いているのだ。

 そのためツイッターには「トランプさん、ふかわりょうのことですか!?」「金正恩とふかわがユニット組んだの?」といったツイートが大量に投稿。ちょっとした“ロケットマン祭り”になっているのである。

「金正恩氏の呼び名は“ミサイルマン”でも良さそうなもの。ただアメリカ人には84年のロサンゼルス五輪開会式に登場したロケット噴射で空を飛ぶ“ロケットマン”の印象が強く、トランプ大統領もついついロケットマンと言ってしまったのかもしれません。トランプ大統領も、まさか自分の発言が日本で話題になっているとは夢にも思っていないでしょうね」(前出・週刊誌記者)

 どうせならふかわも、今回の騒動を逆手にとって新曲を発表してみてはいかがだろうか。

(金田麻有)

関連記事(外部サイト)