武井咲にあやかりたい「結婚待たされ」美女の“悩”プライバシー(3)井上真央に“神風”が吹いた

武井咲にあやかりたい「結婚待たされ」美女の“悩”プライバシー(3)井上真央に“神風”が吹いた

武井咲にあやかりたい「結婚待たされ」美女の“悩”プライバシー(3)井上真央に“神風”が吹いた

 最後は紆余曲折あったカップル。10年以上の交際期間があるとも言われる井上真央(30)と嵐の松本潤(34)である。

「井上は石原と並ぶほどの強い結婚願望の持ち主ですよ。そもそも、井上はジャニーズ幹部の大のお気に入りだった。松本と『時期が来たら結婚』はジャニーズ的にも既定路線でした」(広告代理店関係者)

 結婚まで一直線だった両者の交際だが、一時は暗転していたというのだ。

「16年末に井上が事務所を電撃移籍したのですが、それまで交際が容認されてきたのは、井上の前事務所社長がジャニーズ幹部と昵懇だったからなんです。それが移籍により、ジャニーズ側も態度を硬化させた」(プロダクション関係者)

 そんな中、井上に思わぬ“神風”が吹いたという。

「逆風が吹いても、井上は松本との結婚を夢み続けてきましたが、昨年末、松本に艶系女優との4年に及ぶ二股交際が発覚したんです。こうなると一度は愛想を尽かしたジャニーズサイドも、井上に対して旗色が悪くなる。井上としては松本の失点で“同点に追いついた”ようなもの。松本の謝罪をすんなり受け入れ、結婚の可能性が再浮上したんです」(前出・プロダクション関係者)

 さらに松本の“大量失点”につながる噂まで噴出している。

「葵の一件だけでなく、真偽はわかりませんが、便乗なのか『松潤と寝た』と吹聴する艶系女優が何人も浮上しているんです。事実ならさすがに、井上も愛想を尽かすかもしれません」(前出・広告代理店関係者)

「結婚待たされ」美女たちの悩みの種は尽きない。その中で“電撃結婚”にまでこぎつけるのは、はたしてどのカップルか。

関連記事(外部サイト)