美女アナ「表⇔裏ギャップ度」ランキング<「本当の素顔」編>(1)実は勝ち気なTBS・宇垣美里

美女アナ「表⇔裏ギャップ度」ランキング<「本当の素顔」編>(1)実は勝ち気なTBS・宇垣美里

美女アナ「表⇔裏ギャップ度」ランキング<「本当の素顔」編>(1)実は勝ち気なTBS・宇垣美里

 狭き門をくぐり抜けてきた女子アナのプライドが高くなるのは想像ができる。とはいえ、一皮剥いたら自己顕示欲のカタマリでは、周囲は困惑するばかりである。

 日テレの朝の情報番組「ZIP!」でブレイク中なのは郡司恭子アナ(27)。昨今の若い女性には珍しい清楚な雰囲気を持ち、同性には厳しい視線を向けがちの主婦層からも高い支持を集めている。

 その性格のよさがたびたび報じられることもあったが、なんと局内からは「最近、あいつは天狗になっている」という厳しい意見も出ていた。

 日テレ関係者が明かす。

「最近、番組を私物化しているところがあるんです。今春、商社に勤めている彼女の友達が結婚した際、番組で押さえている編集室に仲のいいスタッフ数人を呼び出して、結婚式で流すムービーを作らせていたらしい。しかも勤務時間中にですよ。使われていたスタッフはウチに出入りしている外部のディレクターとかADだから、立場上、文句も言えなかったんだろうけど、公私混同もはなはだしいよね」

 あらら、「朝のさわやかな顔」とはずいぶんギャップを感じる証言である。

 一方、愛くるしい童顔フェイスと推定Gカップと言われる豊満なバストとのギャップが魅惑的なTBS・宇垣美里アナ(26)は、同局屈指のアイドルアナとして人気を集めている。だが、そんな世間のイメージと素顔のギャップは外見以上のようだ。

 同局の情報番組スタッフは苦笑まじりに語る。

「一見、おとなしそうに見えますが、実はかなり勝ち気で、ディレクターなど番組スタッフに対して高圧的な態度が目立つんです。『どうして?』『何で?』と番組の進行にケチをつけては、自分のやりたい方向に無理やり持っていこうとする。本番前のプレビューで原稿にケチをつけて、時間がない中でスタッフが必死に内容を修正することもしばしばです」

 しかも、宇垣アナの高飛車な態度はお茶の間での人気が定着してからのことではなく、筋金入りとも。

「売れてから態度が変わる女子アナはたくさんいますが、彼女の場合は入社2年目くらいからすでに態度がデカかった(笑)。そういう意味では生来の“大物”なのかもしれませんね」(TBS関係者)

 テレビ朝日系音楽番組「ミュージックステーション」でサブ司会を務める弘中綾香アナ(26)は、天然ぶりで人気を博している。ところが、学生時代を知る慶應義塾大学の同級生は現在のイメージとの違いを指摘するのだ。

「今は何も知らなそうな“不思議ちゃんキャラ”で売っている弘中ですが、大学時代は女王様のごとく複数の男子大学生を引き連れて、キャンパスを練り歩いていましたよ」

 大御所・タモリや番組プロデューサーをもトリコにしている天然キャラは、計算されたキャラ作りのたまものかもしれない。

関連記事(外部サイト)