篠原涼子、主演ドラマが「解散総選挙」で内容が大幅変更は必至!

篠原涼子主演のフジテレビ「月9」ドラマ撮り直しか 『民衆の敵』は選挙がテーマ

記事まとめ

  • 安倍晋三首相が、9月28日の臨時国会の冒頭で衆議院を解散するとの観測が浮上している
  • 篠原涼子主演のフジ「月9」ドラマ『民衆の敵』は選挙をテーマにしており影響は必至
  • 内容の大幅な改変や撮り直しが発生する可能性すらありそうだという

篠原涼子、主演ドラマが「解散総選挙」で内容が大幅変更は必至!

篠原涼子、主演ドラマが「解散総選挙」で内容が大幅変更は必至!

篠原涼子、主演ドラマが「解散総選挙」で内容が大幅変更は必至!

 安倍晋三総理が9月28日の臨時国会の冒頭で衆議院を解散するとの観測が浮上している。その場合、10月22日の投開票が予測されているが、このニュースに頭を抱えているのがフジテレビのドラマ制作陣だというのだ。

「投開票日直前の10月16日に、月9ドラマ『民衆の敵 〜世の中、おかしくないですか!?〜』がスタートしますが、同作品がまさに選挙をテーマにしていることから影響は必至でしょう。篠原はひょんなことから市議選への立候補を決意する主婦を演じますが、彼女のセリフ次第では与野党いずれかへの批判と受け止められかねません。また作中に登場する架空の政党についても、視聴者は現存する政党にイメージを重ねるでしょうから、その描写次第では『ドラマが特定の政党を応援、もしくは反対している』となりかねないのです」(週刊誌記者)

 この調子では放送まで3週間あまりの今になって、内容の大幅な改変や撮り直しが発生する可能性すらありそうだ。ちなみに、同様の指摘は本ドラマの制作が発表された6月の時点ですでに表面化していた。ただ、当時は森友学園と加計学園のいわゆる“モリカケ疑惑”が白熱しており、劣勢に立たされた自民党が解散総選挙に打って出るとの予測はほとんどなかったはずだ。

 ところがここに来て、北朝鮮によるミサイル発射や民進党・山尾志桜里議員のダブル不貞などが要因となって政権支持率が向上し、状況は大きく変化した。週刊誌記者が続ける。

「政治の世界では“一寸先は闇”が常識。実際に北朝鮮のミサイル発射や民進党・山尾志桜里氏のダブル不貞により状況は大きく変化しています。フジテレビでも政治部や報道局はいつでも解散総選挙に対応できるようにしているはずですが、ドラマ班は『どうせ今、解散総選挙なんかあるわけない』とノンキに構えていたのでしょう。きっといまごろは『何てことだ!』と慌てふためいているに違いありません」

 今から撮り直しになるようであれば、制作陣に振り回される篠原ら出演者が気の毒だ。

(金田麻有)

関連記事:篠原涼子が主演予定のフジ月9ドラマに局内から「やめてくれ!」の声が噴出中 http://www.asagei.com/excerpt/82770

関連記事(外部サイト)