吉高由里子は「見ただけで部位がわかる」真性の肉好き女優だった!

吉高由里子『櫻井・有吉THE夜会』で肉通ぶりを明かす 寺門ジモンとは“肉友”

記事まとめ

  • 吉高由里子がTBS系『櫻井・有吉THE夜会』で酒を飲みながら料理するのが大好きと語った
  • ダチョウ倶楽部の寺門ジモンとは雑誌の仕事で共演したのが縁で“肉友”に
  • 高校時代は焼き肉店でバイトをしており、肉の塊を見てサガリの部位を当てた

吉高由里子は「見ただけで部位がわかる」真性の肉好き女優だった!

吉高由里子は「見ただけで部位がわかる」真性の肉好き女優だった!

吉高由里子は「見ただけで部位がわかる」真性の肉好き女優だった!

 吉高由里子が、9月21日放送の「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)にゲスト出演。知られざる「食通女優」ぶりが明かされた。自炊派で、酒を飲みながら食事を作るのが楽しくて大好きという吉高。まずは、食事にかなりのこだわりを持っていると誇らしげに語った。

「何でも、鍋の豆腐は入れて30秒で食べるのが吉高流。理由は『表面は温かくて中が冷たいぐらいのほうが豆腐って味、すごいする』とのことでした。超激辛も平気なほど辛いもの好きで、用意された『10辛』の麻婆豆腐を食べても『辛っ!痛い!』と最初に漏らしただけで、他に試食させられた松岡昌宏、櫻井翔、石原良純らが七転八倒する中、ケロリとしていましたよ」(テレビ誌記者)

 また、肉好きで知られるダチョウ倶楽部の寺門ジモンと、雑誌の仕事で共演したのが縁で、肉が食べたくなると呼び出す“肉友”になったことも紹介された。高校時代、肉好きが高じて焼き肉店でバイトしていた吉高。肉の知識は番組内では焼き肉店で合流した肉通のジモンが一目置くほど。肉の塊を見てサガリの部位を当てたり、美味なほうの肉を当ててみせるなど目利き具合もバッチリでした。ジモンから「肉を見る目、いいね!本物だね。肉の前で興奮する人は本物の肉好き」とお墨付きをもらった吉高は、最高級肉「幻の黒毛和牛雌」の牛タン、サガリ、ハラミを心ゆくまで堪能したのだった。

「焼肉を一緒に食べる男女はデキていると言われますが、吉高に限っては食い気ひと筋の様子でした。とにかく食べっぷりがよくて一緒に食事したら本当に楽しそう」(芸能ライター)

 関ジャニ∞・大倉忠義との熱愛続行中といわれる吉高。8月には高級すし店デートが目撃されたばかりだが、そこでもいろいろと食通ぶりを披露していたのだろうか。

(塩勢知央)

関連記事(外部サイト)