筧美和子が出演ドラマ「フリンジマン」で学ぶべき“オトナの艶やかさ”

筧美和子が出演ドラマ「フリンジマン」で学ぶべき“オトナの艶やかさ”

筧美和子が出演ドラマ「フリンジマン」で学ぶべき“オトナの艶やかさ”

 芸能界、政界で不貞が横行する中、テレビ東京が批判されることを承知で制作した深夜ドラマ「フリンジマン」。“オトナの恋人”を作るベテランで、最高同時オトナの恋人数記録が11人という「ラマン・プロフェッサー」の異名を持つ井伏真澄を板尾創路が演じ、礼節を持った不貞のやり方をレクチャーするという内容だ。

 同ドラマにはオトナの恋人候補として、会社勤務2年目の新人OL・詠美を筧美和子が演じる。また、昨年公開の映画「ヒメアノ〜ル」で、濱田岳との衝撃的な濡れ場を演じて話題となった佐津川愛美、豊かなバストグラドルとして人気の岸明日香、小倉優香らも筧と同じオトナの恋人候補として出演する。

「筧は女性ファッション誌の専属モデルでありながら、ドラマや映画ではグラドル以上に艶っぽいキャラクターばかりキャスティングされています。ナイスバディでちょっとオツムが足りない感じのする筧は、確かにオトナの恋人にはぴったりでしょう。でも、似たようなキャラクターばかり演じていると飽きられるのも早いですから、そろそろきちんとした艶やかさを醸し出すオトナの恋人らしさを、共演するMEGUMIや壇蜜から学んでほしいですね。同性の筧ファンからも『筧チャンの未来が心配』と言われていますよ」(週刊誌グラビア担当編集者)

 破壊力の高いボディが武器の筧。このままフワフワと芸能界を漂ってほしい気もするが…。

関連記事:つゆだく「2017年上半期“艶”大賞」発表!<サプライズ篇>筧美和子はサプライズの宝庫 http://www.asagei.com/excerpt/83905

関連記事(外部サイト)