フジ阿部知代が石橋貴明「保毛尾田保毛男」に激怒した“肌感覚”なワケ!

フジ阿部知代が石橋貴明「保毛尾田保毛男」に激怒した“肌感覚”なワケ!

フジ阿部知代が石橋貴明「保毛尾田保毛男」に激怒した“肌感覚”なワケ!

 9月28日に放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の内容が波紋を広げている。

 ビートたけし、タモリ、笑福亭鶴瓶ら豪華ゲストが出演し、30周年記念特番として放送された同番組は、関東地方で10.0%(ビデオリサーチ調べ)をマークするなど視聴率も上々だったものの、放送後、石橋貴明が扮し、28年ぶりに復活した人気キャラ「保毛尾田保毛男」を「同性愛者を差別している」として問題視する声が噴出。同局の宮内社長が謝罪する騒動に発展した。

 そんな中、同局の阿部知代アナが自身のツイッターで今回の騒動を報じるニュースをリツイート。「身内である阿部アナが怒りを表明した」と注目を集めている。

「保毛尾田保毛男」を巡る騒動について「放送前に問題だと気づけなかったのはフジテレビの大失態ですよ」と語るのはフリージャーナリストだ。

 ツイッターで怒りを表明した阿部アナについて「以前、LGBT(性的マイノリティー)イベントのレセプションで彼女にお会いして『差別解消への想い』を直接聞かせてもらったんですよ」という同氏がさらに、阿部アナの「同性愛者差別解消」への想いをこう明かす。

「彼女自身、周囲に多くの性的マイノリティーの友人がいるとのことで『LGBTへの理解を広めるようテレビでも発信していかなければならない』とおっしゃっていました。『これまでのテレビ番組には差別に加担する側面もあった』とも強調されていた。今回の騒動は本当に腹に据えかねているはずですよ」

「保毛尾田保毛男」に抗議の意志を示した彼女の怒りは本物のようだ。

(白川健一)

関連記事(外部サイト)