元SMAP3人、ファンが抜け出せずにいる「SMAP時代の流儀」!

元SMAP3人、ファンが抜け出せずにいる「SMAP時代の流儀」!

元SMAP3人、ファンが抜け出せずにいる「SMAP時代の流儀」!

 元SMAPの香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の公式ファンサイト「新しい地図」にて10月16日、新作映画の制作が発表された。タイトルは「クソ野郎と美しき世界」で、18年春に公開される予定だ。

 彼ら3人はツイッターアカウントを開設するなど、ジャニーズ所属時からは打って変わって、ネットへの本格進出をもくろんでいる。今回の映画でも「#クソ野郎」「#KUSOYARO」というハッシュタグを設定し、ファンによる拡散を狙う作戦だ。だが肝心のファンがまだ、SMAP流の古い流儀から抜け出せていないというのである。

「ファンはさっそく『#クソ野郎』などのハッシュタグを付けて映画の情報を拡散。しかし映画の公式サイト『kusoyaro.net』のURLを掲載するファンがほとんどおらず、せいぜい映画についての記事にリンクを貼っているだけです。これはおそらく、ジャニーズ事務所時代の『事務所やファンクラブ公式サイトへの直接リンクは禁止』という決まりごとが体に染みついてしまい、映画公式サイトのURLを掲載するという発想に至らないからではないでしょうか」(芸能ライター)

 発表当日には映画のタイトルで検索を掛けてもまだ、公式サイトがヒットしづらい状況。それなのにファンがリンクを張らないため、肝心の公式サイトにたどり着けない人が続出していても不思議はない。

「この現象に最もガッカリしているのは、当の3人でしょうね。自分たちがネット重視の方向に意識改革しているのに、ファンのほうがついてきていないのですから。もう自分たちはジャニーズ所属ではないのだから、ジャニーズの流儀は忘れてほしいと思っているかもしれません」(前出・芸能ライター)

 3人を応援するにはまず「サイトへの直接リンクは問題なし」という意識付けから始めるのが良さそうだ。

(金田麻有)

関連記事(外部サイト)