清水アキラが清水良太郎被告の保釈を拒否 アキラの決断に「税金のムダ使い」と批判

記事まとめ

  • 薬物使用で起訴され勾留中の清水良太郎被告は、保証金150万円での保釈が認められた
  • しかし、父の清水アキラは「反省するには短すぎる」と、公判まで保釈させないと決定
  • 清水アキラの決断に「勾留は息子を反省させるための手段でない」など、批判が噴出

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております