渡辺満里奈、新アルバム収録曲を熱唱に「元彼の名曲を歌うな」怒りの声

渡辺満里奈、新アルバム収録曲を熱唱に「元彼の名曲を歌うな」怒りの声

渡辺満里奈、新アルバム収録曲を熱唱に「元彼の名曲を歌うな」怒りの声

 10月27日放送の「バズリズム02」(日本テレビ系)で野宮真貴と「大好きなシャツ」をデュエットした渡辺満里奈。渡辺はデビュー30周年記念盤として自身がセレクトした「MY FAVOURITE POP」を9月20日にリリース。野宮とデュエットしたこの曲は、小沢健二と小山田圭吾が「フリッパーズ・ギター」とは別名で作詞作曲を手がけた曲で、アルバムの初回生産限定盤のみに付いているスペシャルディスクに収録された9曲のうちの1曲だ。

 渡辺が「おニャン子クラブ会員番号36番」として活動していた頃からのオールドファンにとって、テレビから流れる渡辺の歌声は感動モノだったようだが、小沢健二ファンはこの歌声にザワついているというのだ。

「渡辺がオザケンこと小沢健二と交際していた過去は周知の事実。このアルバムにも小沢が作詞作曲した曲が複数収録されています。渡辺は05年5月にお笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤と結婚していますが、結婚にまつわるエピソードとして、名倉が結婚を前提に交際したいと申し込んでくれたことに男らしさを感じたと何度も明かしてきています。時には『以前付き合っていた人がなよなよした人だったので、名倉さんの男らしさにとても惹かれた』とも語っているため、“なよなよした人=小沢”だと認識しているファンは『元カレの名曲を歌うな!』と立腹しているようです」(音楽誌ライター)

 ファンの声に、渡辺は何を思うのだろうか。

関連記事(外部サイト)