フジ大島由香里、年末退社で「フジテレビが後悔しかねない」理由

フジ大島由香里、年末退社で「フジテレビが後悔しかねない」理由

フジ大島由香里、年末退社で「フジテレビが後悔しかねない」理由

 12月15日、年内でのフジテレビ退社が報じられた同局の大島由香里アナ。

 昨年2月にフィギュアスケーターの小塚崇彦と結婚し、今年4月に長女を出産した彼女だが、退社後は夫が活動の拠点とする名古屋に住み、フリーアナウンサーとして活動するという。

 2007年に入社し、報道番組を中心に活躍してきた大島アナの今後の活動に、業界内では注目が集まっている。

「フリー転身後、大島アナには出演オファーが殺到するでしょうね」と語るのはテレビ関係者だ。続けてもらおう。

「彼女は決して目立つ女子アナではありませんが、2012年秋から『ニュースJAPAN』と『あしたのニュース』で3年半にわたり“フジの夜の顔”を務めた超実力者。育児が落ち着けば、女性キャスターとして大活躍できる人材です」

 さらに「いずれフジテレビとしては後悔することになるかもしれません」と指摘する同関係者。

 彼女に関してフジテレビが後悔しかねない理由とは──。

「フジテレビで手薄な『報道ができる女子アナ』として、いずれ“ライバル局の顔”としてフジを脅かす存在になり得るんですよ。実際、TBSで報道を担当するプロデューサーが大島アナの起用に意欲を見せていたんですよ。フジ的にはなんとしても引き止めておくべきだったと思いますね……」

 結婚、出産を経てフジテレビを去る大島由香里アナ。今後、各局での活躍が予想されているのだ。

(白川健一)

関連記事(外部サイト)