ピカチュウ声マネに美麗扮装!乃木坂46、FNS歌謡祭の無双ぶりにファン歓喜

ピカチュウ声マネに美麗扮装!乃木坂46、FNS歌謡祭の無双ぶりにファン歓喜

ピカチュウ声マネに美麗扮装!乃木坂46、FNS歌謡祭の無双ぶりにファン歓喜

 例年では考えられないほど、見どころが盛りだくさんだった!?

 12月13日放送の音楽特番「2017 FNS歌謡祭 第2夜」で乃木坂46の存在が一層光り、ファンたちには大満足の番組となったようだ。

この日の番組では「ミュージカル・スペシャルメドレー」と「新旧アニソン名曲メドレー」が大きな目玉だったが、どちらの企画でも乃木坂のメンバーの活躍が見られた。

 ミュージカルメドレーは、舞台「ロミオ&ジュリエット」や「レ・ミゼラブル」に出演した生田絵梨花が、井上芳雄や山崎育三郎、昆夏美といったミュージカル界のスターたちと共演。生田はミュージカル女優を目指している本格派ということもあって、他の共演者たちに引けを取らない美声を響かせ、視聴者を魅了した。

また、アニソンメドレーでは人気アニメ「ポケットモンスター」の主題歌「めざせポケモンマスター」を、本家の松本梨香とともに乃木坂が熱唱。この歌は歌詞の中にお馴染みのポケモン「ピカチュウ」の鳴き声が入っているのだが、そのパートを3期生メンバーでピカチュウの鳴き声を以前から特技としてアピールしていた伊藤理々杏が担当。可愛らしいピカチュウボイスにはメロメロになる視聴者が多かったようだ。

 さらに、である。大のアニメ好きで知られる松村沙友理はアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」のエンディング主題歌「ハレ晴レユカイ」を主人公・涼宮ハルヒ役を務めた平野綾とNMB48の山本彩の3人で披露。お気に入りのキャラクターである「朝比奈みくる」の扮装で、自慢のアニメ声を存分に生かし、萌え度100%のパフォーマンスを見せた。

「例年までのレベルなら、歌唱力も文句なくピアノ演奏ができる生田がコラボで登場するぐらいでしたが、今年は一気に活躍の場が増えたように感じました。11月に放送された音楽特番『ベストアーティスト2017』(日本テレビ系)では、あの嵐とコラボしてましたが、こうした特番でのコラボの目玉に組み込まれるようになったのは、それだけ乃木坂の人気が世に浸透してきたからでしょう。番組放送中のツイッターでは、出演歌手の中では『モーニング娘。』『加藤一二三』に次いで3番目に多く関連ツイートがされていたようで、乃木坂人気を象徴しています」(アイドル誌ライター)

 乃木坂の見せ場が目白押しだった今回の放送。ファンからは「いくちゃんの安定感がハンパなかった」「りりあんが全国に見つかっちゃうな」「単純に乃木坂がたくさん見れて嬉しかった」といった喜びの声が上がっていた。昨年までのAKB48のポジションを奪うような活躍ぶりを見せる乃木坂。来年はさらなる飛躍に期待できそうだ。

(石田安竹)

関連記事(外部サイト)