今年を彩った美女たちのアサ芸“艶”大賞!(2)<ドラマ&CM篇>深田恭子が視聴率を上昇させたシーン

今年を彩った美女たちのアサ芸“艶”大賞!(2)<ドラマ&CM篇>深田恭子が視聴率を上昇させたシーン

今年を彩った美女たちのアサ芸“艶”大賞!(2)<ドラマ&CM篇>深田恭子が視聴率を上昇させたシーン

 かつてよりテレビコードの基準が厳しくなったとはいえ、ふとした瞬間に男性にとって“思いがけないプレゼント”は舞い降りる。ドラマにも、CMにも分け隔てなく。

「2017年最も美しい顔」に選出されたばかりの深田恭子(35)だが、美しいのは顔だけでなく、スベ肌も一級品。ドラマ「下剋上受験」(TBS系)では、娘との入浴シーンが毎回、用意されていた。

 アイドル評論家の織田祐二氏が言う。

「風呂場に漢字の表を貼り、そろいの白いリボン型ヘアバンドで娘とお勉強。湯気の中でニコニコする深キョンはかわいいし、幼い娘にも負けない肌ツヤ。特に首から肩にかけての曲線が美しかった」

 かつてTBSは「水戸黄門」の由美かおるの入浴シーンで視聴率を上昇させたが、同じ効果が深キョンにもあったようだ。

 グラドル時代はFカップを誇った倉科カナ(29)は、「奪い愛、冬」(テレビ朝日系)で、視聴者が「刺激的すぎる!」と絶句したベッドシーンの連続。回想シーンでは処女喪失の場面も描かれるなど、深夜ドラマならではの大盤ぶるまいとなった。

 今年、大きく飛躍した元AKB48メンバーは、川栄李奈(22)が断トツ。CMでも売れっ子だが、ドラマでは「僕たちがやりました」(フジテレビ系)が話題騒然に。

「主演の窪田正孝に無理やりキスされるシーンでは、押し倒されながらも、背中に手を回して陶酔の表情。さらによく見ると、押し倒されながらも胸を突き上げていて、乳首が隆起しているかのよう。AKB時代から『やる時はやる』と言われてきた川栄の本領発揮です」(前出・織田氏)

 ドラマとCMの2本立てでGカップをアピールしたのは、人気グラドルの岸明日香(26)。ドラマ「銀と金」(テレビ東京系)は福本伸行原作によるハードなタッチ。岸は、大学生たちのいかさまポーカーの餌食となり、男たちに別室に連れていかれる。

「おう、いいオッパイしてんじゃねえかよ」

 黒いニットの上から巨乳が何度もわしづかみにされる刺激的なシーンだ。

 さらに携帯ゲーム「戦国アスカZERO」のCMでは、胸元がパックリ空いたタンクトップで上チチが目に飛び込んでくる。

「なでなでしてぇ〜、なでなでぇ」

 甘えた声との一体感も秀逸だが、最後はブチ切れに豹変。インタビューではこう答えている。

「現場ではツンデレではなく、デレツンをはやらそうって盛り上がっていました。おかげで、いろんな人に『なでなでさせてぇ〜』の反響をいただきました」

 新婚ホヤホヤの佐々木希(29)は、なぜかここにきてエロ露出が増量中。ユニクロの「ワイヤレスブラ」CMでは、一糸まとわぬ美背中と、形のいい胸の谷間を初めてオープンに。

 さらにドラマ「雨が降ると君は優しい」(Huluオリジナル)では、セックス依存症の人妻という役どころに挑んだ。上半身裸のベッドシーンや、不倫相手に胸を揉まれるシーンなど、これまでにない過激な場面の連続で、重ねて言うが「なぜ新婚のこの時期に?」とムラムラさせるのだ。

 来年1月に初主演ドラマが控える吉岡里帆(24)は、星野源を相手にした「日清どん兵衛」のCMが大評判。

「いくつかバージョンがありますが、キツネのコスプレで初登場編の衝撃。透き通るようなスベスベの肌で星野に迫り、二の腕をプルプルさせて『ほら、いますって、触ってぇ』とのストレートなもの言い。ダンス編ではロケット乳がくっきりとわかるし、シリーズCMの最高傑作」(前出・織田氏)

 水着姿の白い谷間がまぶしいオランジーナ先生ことサロメ・デ・マート(26)のCM「オランジーナ」もいいが、やはり、フランス女優にもヒケを取らない吉岡里帆の美肌に軍配を上げたい。

関連記事(外部サイト)