二度と見られない「お蔵入り“艶”シーン」大全(4)<埋もれた名作選・大原麗子の幻の初主演映画>

二度と見られない「お蔵入り“艶”シーン」大全(4)<埋もれた名作選・大原麗子の幻の初主演映画>

二度と見られない「お蔵入り“艶”シーン」大全(4)<埋もれた名作選・大原麗子の幻の初主演映画>

 世に「放送禁止」や「封印作品」と呼ばれる映像は星の数ほどある。その理由の一つに、過激な要素が多すぎたことは否めないだろう。

「本番の意味を知りませんでした」

 会見で号泣したのは、ハーフの人気モデルで、「大激闘マッドポリス’80」(日本テレビ系)の緑川刑事役など、女優としても活躍した堀川まゆみ(59)だ。

 82年に武智鉄二監督の和製ハードコア大作「華魁」に主演が決まったが、制作発表で重大な勘違いに気がつく。

「ヌードと本番シーンがあるけど大丈夫か?」

 所属事務所の確認に、軽い気持ちでOKの返事を出した。まさか、「本番」がガチンコであることを、当時の堀川は知らなかったのだ。

 堀川は出演を固辞し、多方面に迷惑をかけた代償として女優業を引退。頓挫しかけた映画は、代役に親王塚貴子を立てることでようやく完成し、公開にこぎつけている。

 吉田拓郎や井上陽水の登場以前、フォークの神様と呼ばれたのが岡林信康(71)だ。そんな岡林が唯一の映画出演で、しかも主演を飾ったのが「きつね」(84年、松竹)である。

 岡林は北海道に住む35歳の科学者という役で、難病を患った14歳の少女(高橋香織)と知り合う。やがて2人は愛し合うようになり、命短い少女に性の手ほどきをする。

 当時の宣伝ポスターには〈私は大人の恋がしたかった〉とある。だが、14歳の少女とのセックスシーンは物議を醸し、興行的に失敗に終わったこともあり、今なお再上映やソフト化を許されない状態にある。

 09年に亡くなった大原麗子(享年62)は、映画・ドラマで数々の代表作を持つ大女優である。さらに、サントリーレッドのCM「少し愛して、なが〜く愛して」など、高い好感度を誇った。

 そんな大原の初主演映画が、なんと「“秘”トルコ風呂」(68年、東映)である。今から50年前、現在のソープランドに当たるトルコ風呂を舞台にした物語だ。

 当時の東映らしく、そのストーリー展開が絶妙。

〈19歳の卵子(大原)は、みごとなテクニックで客を腹上死させたこともある東北の売春婦。逃げるように上京した卵子は、トルコを経営する女・ナミと知り合い、レズの餌食にされ、さらに前夫(梅宮辰夫)にも犯され、乱交パーティーの要員にもされる〉

 あの大原が、レズや乱交パーティーを演じたことはもちろん、インポの男を華麗なテクニックで昇天させる場面まで‥‥。

 記念すべき初主演作でありながら大原はこの役をプロフィールから抹消し、現在では「トルコ風呂」という名称が不適切ということもあり、完全に姿を消した状態である。

 数ある封印作の中でも、「誰も見たことがない」とまで言われるのが、72年に制作された「夕映えに明日は消えた」(東宝)だ。当時、「木枯し紋次郎」(フジテレビ系)で大人気だった中村敦夫を主演にしながら、マスコミ試写すらも実現しなかった。

 残されたシナリオで再現すると、中村は渡世人・風鈴の佐吉役。設定は紋次郎と同じ匂いがするが、実際は雨乞いの人柱に捕らえられたという悲しい役どころ。

 この佐吉を見張るのは、村の男たちの性欲処理に使われている娘・小夜(テレサ野田)だ。

 問題になったのは小夜のレイプシーンではなく、上層部が「あまりにも結末が悲しすぎるから」と判断したためと言われている。真相は今も藪の中だが、今後も復活することはなさそうだ。

 今や天下の名優たる風間杜夫(68)は、若手時代にロマンポルノ出演で修業を積んだ。その一篇である「壇の浦夜枕合戦記」(77年、日活)は、かつてVHS化はされたものの、DVDになる可能性は低い。

 その理由は、風間扮する源義経が、ひたすら性欲の矛先を向ける相手が建礼門院(渡辺とく子)であること。最後には義経の願いを聞き入れて絶頂を迎える建礼門院だが、平清盛の次女で、高倉天皇のれっきとした皇后なのである。この設定を堂々と撮ったのは巨匠・神代辰巳だが、封印もやむなしであろう。

 最後は、芥川龍之介の幻の原作とされる「赤い帽子の女」(82年、日本ヘラルド)だ。戦前のドイツを舞台に、日本の男たち(泉谷しげる、永島敏行)が退廃的な日々を送るという物語。

 制作陣は「日本の男と金髪女性による本番性交」をもくろんだが、現地の撮影でトラブルが続出。脚本家は改稿に激怒し、そもそもハードコアも実現していない。

 残念ながら期待外れの内容に終わり、興行的にも惨敗したため、現在の視聴は困難となっている。

関連記事(外部サイト)