カトパン似女性芸人、ダイエット本発売前に「大リバウンド」が懸念される理由

カトパン似女性芸人、ダイエット本発売前に「大リバウンド」が懸念される理由

カトパン似女性芸人、ダイエット本発売前に「大リバウンド」が懸念される理由

 女性お笑い芸人の餅田コシヒカリが2月12日、ブログを更新。ダイエット成功後の写真をアップした。

「88キロになったカトパン」を自称していたが、4カ月かけて22キロのダイエットに成功。ダイエット企画のご褒美として、2月28日に単行本「4ヵ月でここまで痩せました! 餅田コシヒカリのダイエット日記」(ぴあ)を出版するに当たって、宣伝のために写真を公開した。

「ご覧ください。体重MAXの時」という説明文とともに、ダイエット前のさながらトドのような写真4枚を掲載。ダイエット後の写真は、まだまだ太目ながら、カトパンことフリーアナの加藤綾子似であるというキャッチフレーズが十二分に納得できる美貌に変身している。

「餅田のダイエットは今回が2度目。もともとご飯が大好きで、バターと醤油の炊き込みご飯にマヨネーズをかけたのが大好物でしたが、一念発起して、昨秋挑戦し、リバウンドなしを目指してMEC食(肉・卵・チーズ)とウォーキングや自宅トレーニングなども取り入れたとのことです。なかなか思うように体重が減らなかったり、食レポの仕事を引き受けて食欲と戦うなど葛藤の日々を日記形式で表していきました。そんな地道な努力がついに成功へと導く展開になっているため、サクセスストーリー気分が味わえる作りとなっています」(芸能ライター)

 ブログのコメント欄には、ダイエット成功を我がことのように喜ぶ者や、痩せたことで意外な可愛さにときめく者が出たりの大にぎわいをみせている。

 もっとも翌13日には、新年会でやたら肉を食べまくった時の写真、ロケで韓国に行って以来韓国料理にはまっている写真などをアップ。ダイエット本の発売日前にリバウンド報告をしなければならなくなりそうな勢いで少々心配になってくるが…。

(塩勢知央)

関連記事(外部サイト)