「海月姫」爆死中の月9枠に江口洋介&内村光良を緊急投入するフジの“勝算”

芳根京子主演の月9『海月姫』が低迷 4月期の月9に江口洋介と内村光良を緊急投入か

記事まとめ

  • 芳根京子主演のフジテレビ系月9『海月姫』第5話の視聴率は大幅ダウンし5.3%となった
  • 前クールの篠原涼子主演『民衆の敵』も平均視聴率6%台と惨憺たる状況だった
  • 4月期の月9の主演は長澤まさみで、江口洋介と内村光良が緊急投入されたという

「海月姫」爆死中の月9枠に江口洋介&内村光良を緊急投入するフジの“勝算”

「海月姫」爆死中の月9枠に江口洋介&内村光良を緊急投入するフジの“勝算”

「海月姫」爆死中の月9枠に江口洋介&内村光良を緊急投入するフジの“勝算”

 芳根京子がオタク女子を演じているテレビドラマ「海月姫」(フジテレビ系)。SNSでは一部視聴者から支持を得ているものの、1月29日放送の第3話で5.9%という低視聴率を記録。その後第4話で7.5%とアップしたものの、2月12日放送の第5話で5.3%と大幅ダウン。このままでは2クール連続で月9が“爆死”する可能性があるという。

「月9は、昨年7月期の山下智久主演『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜』はヒットしましたが、その後は、平均視聴率6%台の篠原涼子主演作『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(いずれもフジテレビ系)、そして今回の『海月姫』と、2回連続で惨憺たる状況となっているんです。そのため、フジでは、早くも4月期に始まる長澤まさみ主演の月9ドラマに大きな期待が寄せられているようです」(テレビ誌記者)

 4月からの月9は、「コンフィデンスマンJP」。 “欲望”と“金”をテーマに描かれる同ドラマは、主演に長澤、共演者には東出昌大、小日向文世を起用。脚本には「リーガル・ハイ」や「デート〜恋とはどんなものかしら〜」(いずれもフジテレビ系)を手がけた古沢良太氏が担当するため、ドラマファンからも期待の声は高い。さらにフジは“月9ブランド再生”のため、次々豪華キャストも投入していくという。

「2月6日発売の『女性自身』によると、『コンフィデンスマンJP』の撮影は昨年11月から始まっており、第1話に江口洋介、第5話にウッチャンナンチャン・内村光良という豪華ゲストが出演するそうです。またフジはこの作品にかなり力を入れており、すでに映画化がほぼ決定。そして局内では『視聴率は最低10%以上』というのが至上命令になっているのだとか」(前出・テレビ誌記者)

 豪華キャストたちの熱い演技が、壊滅状態のフジを救うキッカケとなればいいが。

関連記事(外部サイト)