年収1億超えの出川哲朗が明かした「妻と10年以上も“レス”な理由」!

出川哲朗、妻と10年以上“レス”告白も「なしで一緒にいられる夫婦の方が愛が深い」

記事まとめ

  • 『女性自身』によると出川哲朗は冠番組のギャラも1本20万円と同年代の芸人と比べ格安
  • 元レースクイーンの妻とは一時は別居説が流れたが、実際は良好な夫婦関係だという
  • ナインティナイン岡村隆史のラジオ番組では、妻と10年以上も“レス”であると告白

年収1億超えの出川哲朗が明かした「妻と10年以上も“レス”な理由」!

年収1億超えの出川哲朗が明かした「妻と10年以上も“レス”な理由」!

年収1億超えの出川哲朗が明かした「妻と10年以上も“レス”な理由」!

 2月20日発売の「女性自身」が、出川哲朗のテレビ出演料に関する記事を掲載した。出川は昨年、年収が1億円を超えている可能性があるという。

「記事によると、現在、出川のギャラはバラエティ番組1本で25万円〜30万円。冠番組のギャラも1本20万円と、同年代のベテラン芸人とは比べものにならないほど格安で、テレビ局から重宝されているのだとか。とはいえCMの出演料は1本3000万円とのことですから、超売れっ子の出川の年収は、1億円を軽く超えている可能性が高いでしょう」(芸能記者)

 また、同誌は14年前に結婚した元レースクイーンの妻に関して、一時は別居説が流れたものの、実際は来客した芸人仲間に料理を振るまうなど、出川をしっかりと立てる良好な夫婦関係であると報じている。

 しかし一方では、妻との夜の関係がここ10年、いっさいないというのだ。

「昨年12月に放送されたラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に、出川がゲストとして出演した時のこと。番組で夜の生活の話題になったのですが、出川は妻と10年以上も“レス”であると告白したのです。しかし本人によると、決して仲が悪いわけではなく『兄妹とするようになっちゃうから、お互いに恥ずかしくて』と、妻のことを家族のような存在として捉えているからだそうです。また『なしで一緒にいられる夫婦の方が、オレはよっぽど愛が深いと思ってるから』と持論も展開していました」(テレビ誌記者)

 かつては嫌われキャラとして有名だった出川。しかし近年は誰からも好かれる人気芸人となり、仕事だけでなく家庭のほうも順調のようである。

関連記事(外部サイト)