オリラジ、「プロ並みラップ」藤森と「ダメ夫烙印」中田で拡大する“人気格差”

オリエンタルラジオ藤森慎吾と中田敦彦が人気面でのコンビ格差が拡大か

記事まとめ

  • オリエンタルラジオ藤森慎吾がSKY‐HI(AAA・日高光啓)らと、「サイファー」に初挑戦
  • 藤森はプロ並みラップを披露、「やる時はやる男」と、ネットで好感度がアップしたよう
  • 相方の中田敦彦は「ダメ夫烙印」が押されているようで、人気面でコンビ格差が拡大か

オリラジ、「プロ並みラップ」藤森と「ダメ夫烙印」中田で拡大する“人気格差”

オリラジ、「プロ並みラップ」藤森と「ダメ夫烙印」中田で拡大する“人気格差”

オリラジ、「プロ並みラップ」藤森と「ダメ夫烙印」中田で拡大する“人気格差”

 2月27日に都内で行われたマーベル・スタジオの最新作映画「ブラックパンサー」公開直前イベントに登場したお笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾。Zeebra、SKY‐HI(AAA・日高光啓)、KEN THE390、MIRI(RHYMEBERRY)とともに、フリースタイルラップを行う「サイファー」に初挑戦し、芸人とは思えないみごとなパフォーマンスを披露。目の前でZeebraやSKY‐HIから技術力を絶賛された藤森は「芸人なんですけど、歌も少しだけやっておいてよかった。人生初サイファー本当に楽しかったです」と笑顔を見せた。

「テレビで報道された藤森のラップは、ヒップホップアーティストと互角に張り合っていたため、ネット上では『藤森ラップセンスある』『チャラ男に見えてもやる時はやる男』など好感度がアップしたようです。それに対して相方の中田敦彦は、冴えない話が目立ってますね。2月20日放送の『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)に出演した妻の福田萌から『ゴミ出しに行く時でも15分かけてメイクする。(中田は)女性がすっぴんで外に歩けない感覚を持っているらしい』『(私が用事をたのむ時は)全部言わないとわからない。子どもをお風呂に入れてとお願いすると、ただ浴槽に入れるだけで洗ったりしてくれない』『ネットの通販サイトで自分が着る黒い服ばかり見ている』などの素顔を明かされたため『キモい』『ダメ男』など、ブーイングが起きていると聞いています」(女性誌記者)

 初期の持ちネタ『武勇伝』よろしく2人してイケイケだったのも今は昔。ここにきてコンビ格差が広がるばかり?

関連記事(外部サイト)