渡辺直美、深夜2時のラーメンがタレントとしての生命線という“痛しかゆし”

渡辺直美、深夜2時のラーメンがタレントとしての生命線という“痛しかゆし”

渡辺直美、深夜2時のラーメンがタレントとしての生命線という“痛しかゆし”

 お笑い芸人の渡辺直美が「複雑胸中」を打ち明けた。2月28日に行われた「KIREIMO 100% GIRLS!! PROJECT」発表会に出席した渡辺。この脱毛サロンのPRイベントは、「CanCam」の専属モデル堀田茜、「ViVi」専属モデル八木アリサ、「JELLY」専属モデルNiki、「ViVi」専属モデル藤井サチら4名のモデルと、一緒にテレビCMに出演するチャンスを手にした100名の「100% GIRLS!!」のお披露目の会だった。

「脱毛サロンの顧客倍増を狙ったキャンペーンです。インスタの女王と呼ばれる渡辺と現役バリバリの売れっ子モデルと一緒に映像に収まる機会はそうそうあるものではありませんから、ピカピカボディーに変身してウォーキングする女性たちは、もう、ノリノリでしたね」(芸能ライター)

 だが、ちょっとかわいそうなのは、渡辺。おそろいのTシャツにショーパン姿で登場。両隣りのモデルたちは小顔、脚長、長身、スレンダー、美形と5拍子そろった美人ばかり。渡辺の“ド迫力巨漢ボディー”がとりわけ強調されてしまっていたからだ。そんな渡辺は、この場で、「100%全力で取り組んでいること」を聞かれ、あげたのが、「深夜2時のラーメン」。「体型維持のため100%食べています。みんなは避けると思うけれど、私は逆にこの体型を維持しないといけないので」と、ボリューミーボディーキープのための日課となっていることを明かした。

 一方で、この日注目を集めたのは、山下智久とお忍びハワイバカンスを報道されたNiki。「100%」と「GIRL」と印刷された2つの文字の間にピンク色で「HAPPY」の文字を刻印したようなデザインのTシャツを着て現れ、「100% HAPPY GIRLです」と順調な交際ぶりをアピール。「どんな時も前向きに頑張っていきたい」と公私ともに絶好調をアピールしていた。

「渡辺はぽっちゃり路線がタレントとしての生命線になっている。唯一無二の体格を生かしての仕事は思いのほか多く、1月末からアパレルブランド・Gapのグローバルキャンペーンで日本代表として出演中です。抜擢理由はズバリ、豊かすぎる体型で、日本支社社長に『体形の固定概念を変えた直美しかいない』と大絶賛され起用されたんだそうです。おいそれと痩せるわけにはいかない状況で、もともと食べるのは大好きだったそうですが、100キロ超えまでは想定外だったでしょうね。Nikiのように、プライベートが充実していれば、まだあきらめもつくが、最近は、デブ専男が体目当てで近寄ってくるとボヤいたこともあったとかで、多忙すぎて恋のチャンスもないようですね」(スポーツ紙記者)

 深夜2時のラーメンが日課。食べ過ぎ、寝不足、肌荒れに気をつけて頑張っていただきたい。

(塩勢知央)

関連記事(外部サイト)