「プロが選ぶアイドルDVD大賞」(6)杉原杏璃、原幹恵らが次々と卒業宣言

「プロが選ぶアイドルDVD大賞」(6)杉原杏璃、原幹恵らが次々と卒業宣言

「プロが選ぶアイドルDVD大賞」(6)杉原杏璃、原幹恵らが次々と卒業宣言

 アイドルDVDのメーカー関係者がその年に一番輝いたグラドルを表彰する「プロが選ぶアイドルDVD大賞」。

 2012年にスタートし、今回で6回目を迎えるという栄えある本賞では昨年、元AKB48の平嶋夏海が見事MVPに選ばれ、その後グラビアで大活躍したのはご存知の通りだ。本年度の各賞が発売中の「アサ芸Secret Vol.50」で発表されている。

 今回は17年のグラビア界に起きたトピックを振り返っていこう。

 杉原杏璃や森下悠里、原幹恵や今野杏南など、長年グラビア界を支えてきたベテランアイドルたちが17年、相次いでイメージDVDからの卒業を発表した。そのベテランたちに呼応するかのように“HIP職人”こと倉持由香や、52センチのくびれで売り出し中だった川崎あやらもDVDからの卒業を示唆している。

 雑誌グラビアでは泉里香や小倉優香、馬場ふみかなど次々とニュースターが誕生しているが、雑誌以上の過激さを求められるとの印象もあり、あえてイメージDVDを出さないグラドルたちも目立つ。

 そんな状況の中、内容の大胆さではなく、素材そのもので戦うメーカーも増えている。昨年は週刊マンガ誌の表紙を飾ってきた武田玲奈の初DVDが、過激さのない王道の内容ながら大ヒット。元AKB48の増田有華や多田愛佳、元乃木坂46の伊藤寧々らも続いた。ともかく美女の水着姿は写真だけでなく動画でも見たいもの。各メーカーの頑張りにこれからも期待したい。

 18年のブレイク候補との呼び声も高いのは、12月に初DVDをリリースした19歳の徳江かな。映画の主役を張れそうな透明感ある美少女で、肉感的なボディも魅力。知名度はまだまだだが、アマゾンのアイドルDVDランキングではいきなりの1位を獲得している。

 その徳江と対称的にオトナな魅力で注目されるのがメイリ。アイドルグループを卒業してからはOLをしていたが、グラドルとして芸能界に復帰。154センチのミニマムボディからは想像できない軟らかIカップの迫力は抜群。秋葉原のイベントでは下側が全見えの極小水着を身に着けるなどファンサービスもバッチリだ。

関連記事(外部サイト)