小林麻耶さん、“3月11日”が誕生日の読者へメッセージ「2つの気持ちがあっていい」

小林麻耶さん、“3月11日”が誕生日の読者へメッセージ「2つの気持ちがあっていい」

※小林麻耶オフィシャルブログより

元フリーアナウンサーの小林麻耶さんが11日に自身のアメブロを更新。東日本大震災から8年を迎えたこの日に誕生日だという複数の読者へメッセージをつづった。

「8年」というタイトルで更新したブログでは、東日本大震災の被災者への想いを「今も5万2千人の方が避難生活をされているとこのこと 復興が着実に進むことを心から願います」と述べ、「震災で亡くなられた方のご冥福をお祈り致します」とつづった小林さん。

その後更新したブログでは、「昨年、コメントでお誕生日をお祝いしていいのか 喜んでいいのか、というお気持ちを何人もの方から教えてもらいました」と明かしたうえで、「私も同じ立場でしたらそう思うと思います...」とコメント。

しかし続けて、「でも、震災への気持ちと自分の誕生日、2つの気持ちがあっていいと思います」といい、“3月11日生まれの方”へ「お誕生日おめでとうございます ステキな一年になりますように」と誕生日メッセージを送った。

この投稿に読者からは「麻耶ちゃんと同じ2つの気持ちがあって良いですよねー!」「いつの日でも誕生日の方には「誕生日おめでとう!」で良いと思います」「3月11日は確かに特別な日なのは間違いありません。そして誕生日もその人にとっては特別な日だと思います。」「今日は、娘の誕生日 もちろん、おめでとうって言いました」などの声が寄せられている。

小林さんは、占術の1つである“数秘術”の資格を持っていると明かしており、日々更新するブログでは誕生日の読者へ向けたメッセージやアドバイスをつづっている。

関連記事(外部サイト)