杉田かおる 「心身ともに限界」介護疲れを吐露、励ましと応援の声に感謝

杉田かおる 「心身ともに限界」介護疲れを吐露、励ましと応援の声に感謝

※杉田かおるオフィシャルブログ・ヘッダー

 女優の杉田かおるが10日にアメブロで、介護疲れを吐露している。

 杉田は現在、一時芸能界を離れている。10日放送のバラエティ番組『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)でその理由を母親の介護であることを明かし、杉田の子役時代に支え続けてくれた母の肺気腫が悪化したことで「お母さんが苦しんでいて、大変だったら、それを支えるのが仕事」と語っていた。

そんな杉田はアメブロで、「自分があともう少し若くて元気だったらと思うと、悔しいです。自分が情けない。 心身ともに限界です。」「こんなにも自分も老いて親も老いていくというのは辛いものなのですね。 主人には本当に感謝しています。 優しい人に出会えて幸せです。 大分頑張ってくれたのですが、母はまた入院する事になってしまいました。私も少し休憩します。」と介護疲れを吐露。

続けて11日に更新したアメブロでは、「ついつい弱音吐いてしまいすみません。 たくさんのコメント勇気頂きありがとうございます!」「頑張りましょう!でも気ままに今夜も飲んじゃってますが、また明日は新しい朝が来ます! コメントお返事なかなか出来ず歯がゆいですが、本当にありがとうございます!凄く励みになっています!」とファンへの感謝の思いをつづった。

 ファンからは、「どの歳であっても介護の悩みは人それぞれたくさんあります。かおるさんは少しも情けなくないです。私も日々心がぽきぽきと折れています。かおるさんを励みに乗り越えたいです。応援しています。」「杉田さんのご苦労分かります。おなじ境遇の人に頑張ってとは言えません!体に気を付けて下さい。」「本当に本人にしか分からない大変さがあると思います。決して無理はなさらないように。」といった励ましの声が多数寄せられている。

関連記事(外部サイト)