キンタロー。 社交ダンス・ドイツ大会の思い出振り返り、全裸湿布写真も公開

キンタロー。 社交ダンス・ドイツ大会の思い出振り返り、全裸湿布写真も公開

※キンタロー。オフィシャルブログより

 お笑いタレントのキンタロー。が10日にアメブロで、社交ダンスの大会「ドイツ・ジャーマンオープン2017」に出場した時の思い出をつづっている。

 バラエティ番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)の企画で、社交ダンスで世界大会に挑戦中のキンタロー。キンタローはアメブロで、8月に行われたドイツ大会であるジャーマンオープンの様子をレポートしている。

「ジャーマンオープンでは、かかる曲が日本よりも とても長くて、、、 自分の持ってる体力以上のものを出したので 最後、手が震えてました」「そして全身筋肉痛 涙、、」とつづり、背中一面とふくらはぎに湿布を張っている写真を公開。痛々しい姿であるが、ウエストのくびれが美しい一枚だ。

また、翌朝にドイツの田舎町を散歩している様子や、ホテルの豪華な朝食バイキングをたくさん食べている様子を公開し、「せっかく痩せたのに、 せっかくドイツに来たのだから ドイツのスイーツ食べて見たい欲に負けて 拍車がかかってしまい。。 うまかった」とも。

ファンからは「ダンスにとても真摯に向き合い大学の頃からの夢に再度向かって頑張っている姿を見て、とても素敵に思いました!」「旦那さんと2人で見ましたが感動と興奮とで涙が出そうになりました。あんな気持ちになったのは久しぶりでした。」「大会お疲れ様でした!!!めっちゃハードだったと思うけど二人共本当に素敵だったよ」といった声が寄せられている。

 キンタロー。は前後のブログ記事でも大会の様子をレポートしており、試合前の日本メンバーでの集合写真や、試合後の授賞式の写真を投稿している。

関連記事(外部サイト)