北斗晶 グーグルアースで息子の留学地、バンクーバーをウロウロ

北斗晶	グーグルアースで息子の留学地、バンクーバーをウロウロ

※北斗晶オフィシャルブログより

タレントの北斗晶(49)が自身のブログで、グーグルアースを使って遠隔プチ旅行をすることにハマっていることを明かした。

北斗の長男・健之介くん(18)は今年高校を卒業し、4月下旬に留学のためカナダへと出発。北斗も新生活準備を手伝うため同行していたが、ゴールデンウィークにカナダ入りした夫・佐々木健介(50)と次男と一緒に親子4人の時間を楽しんだ後、長男と別れ帰国した。

母の日には健之介くんからメッセージが来たという北斗は自身のブログで、

「特別なものなんて何もいらないもんよ
元気で笑ってくれていれば、それが私にとっての…
真っ赤なカーネーション」

といいつつ、おやつに「551」の豚まんを食べていたとき、

「豚まんが大好きな健之介に食べさせてやりたくなって…
なんだか急に淋しくなってしまった」

と告白。そこで、「近頃、メチャメチャハマりまくってる」というGoogleearthにて、

「健之介のいる場所にひとっ飛び
カナダバンクーバーカナダに飛んで行って、健之介のいる場所の周りをウロウロ
それだけで、近くにいるみたいで嬉しくなる。
この景色を健之介も見てるんだろうなーって思ってね。
本当に凄い時代だよね?」

とコメント。

これを見たファンからは、

「私の母も私が横浜へ上京した時、実家でいつも地図を眺めていたそうです。」
「私も寂しくなったら Googleで娘のいるところ 行こう」
「去年の春から 広島の大学へ長女を 送り出した私は 同じことを してました?大学近辺を 探して 画像を 見たりして
ウルウルしてました。」

など、親視点、子視点から共感の声が多数寄せられた。

関連記事(外部サイト)