芳根京子、先輩ユースケ・サンタマリアとの写真を公開 5年前と比較し「オーラが違う!」の声

芳根京子、先輩ユースケ・サンタマリアとの写真を公開 5年前と比較し「オーラが違う!」の声

※芳根京子オフィシャルブログより

毎週日曜よる9時から放送中の俳優・長谷川博己(40)主演TBS系日曜劇場『小さな巨人』に出演している女優の芳根京子(20)が14日、アメブロオフィシャルブログを更新し、同じ事務所の先輩で、同ドラマの新キャストとして第6話から出演することが発表された俳優のユースケ・サンタマリア(46)との2ショットを公開した。

第5話放送後、「5話。」と題して更新されたブログで、
「『小さな巨人』の新たなキャストの方が発表されました。事務所の先輩、ユースケ・サンタマリアさんとご一緒させていただけるのは本当に嬉しいです。」
と喜びを綴り、「まだ事務所に入ってすぐの頃、ユースケさんにお会いして
一緒に写真を撮っていただきました。その写真からこのブログは始まってるんだー。
なので、またご一緒に写真を撮っていただきました」
と、アメブロ初投稿と同じ並びでユースケ・サンタマリアとのピースショットを公開。
「勝手に、不思議な気持ちです。。1番はじめのブログの写真と比べて、
私、ちょっとは大人になってるかな?笑」と読者に問いかけた。

2012年12月22日に初投稿したブログでは、ユースケ・サンタマリアが出演したフジテレビ系ドラマ『dinner』(2013年)の撮影現場を見学し、
「事務所の先輩のユースケ・サンタマリアさんと一緒に写真を撮ってもらいました♪これから頑張って更新します!よろしくお願いします!!」と意気込みを綴っていた。

コメント欄には「とっても素敵な大人になったと思います!」「凄い!デジャヴのような写真」「感慨深い」「きょんちゃんのオーラが違う!」「京子ちゃん、確実に大人になってます」「京子ちゃん、かなり大人っぽくなってますよ!!顔つきが全然違いますね。」など、過去の写真と比較した感想が多数寄せられている。

ドラマ『小さな巨人』は、これまでの謎解きを重視した本来の警察ドラマとは一線を画した、警視庁と所轄の確執、警察内部の戦いを克明に描く警察エンターテインメント。芳根京子は、警視庁捜査第一課の人事職員・三島祐里を演じている。
第6話は、5月21日(日)よる9時より放送。

関連記事(外部サイト)