ダイアモンド☆ユカイ、不妊治療を経て“願掛け”に断酒した過去

ダイアモンド☆ユカイ、不妊治療を経て“願掛け”に断酒した過去

※ダイアモンド☆ユカイオフィシャルブログより

ロックシンガーのダイアモンド☆ユカイが13日、不妊治療を経て断酒した過去を自身のアメブロで明かした。

ユカイは2009年に結婚した後、無精子症であることが判明。体外受精により2010年2月に長女、さらに2011年11月には双子の男児を授かった。

40代前半までは浴びるように酒を飲んでいたというユカイだが、47歳で男の不妊治療を経てから、妻の妊娠を期に“願掛け”のために1年間の断酒を決行。現在は解禁したが、以前とは変わり「本当に美味しいお酒をチビチビ飲む派」になったという。

続けてスパークリング日本酒の「匠(John)」を公開し、「俺の息子の匠音の匠の一文字でJOHNと 読むなんて粋な酒」と紹介。「飲みやすくて ビックリだ」と味の感想をつづり、「ちょっと飲み過ぎちゃったかな」と締めくくった。

【関連記事】
・俺のJOHN (匠)(ダイアモンド☆ユカイオフィシャルブログ)
・ダイアモンド☆ユカイ、双子の就学時健康診断で再検査の通知が届く「俺が泣きたいよ」
・ダイアモンド☆ユカイ、“ロン毛”の理由を明かす「大きな耳を隠す為にと30年以上」
・ダイアモンド ユカイ、「男の不妊治療」を振り返り妻の出産まで断った習慣を明かす
・ダイアモンド☆ユカイ 妻の妊娠きっかけでスイーツ好きになった