“私生活むきだし”の稲垣吾郎、新映画主演への意気込み語る

“私生活むきだし”の稲垣吾郎、新映画主演への意気込み語る

※稲垣吾郎オフィシャルブログより

稲垣吾郎が14日、草なぎ剛、香取慎吾とともに出演するオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』への意気込みを自身のアメブロで語った。

『クソ野郎と美しき世界』は、“極悪でバカで泣けて踊れる?クソ野郎だらけの4つのストーリー!”をテーマに4本の短編で構成される、2018年4月6日公開予定のオムニバス映画。3人は各話に単独主演し、残り1本については3人で共演する可能性が高い。12月13日に監督陣が発表され、園子温氏、山内ケンジ氏、児玉裕一氏に加え、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が担当することが明らかになった。

稲垣は「本日、四名の監督が発表されました」と報告。「どんな映画なんだ? 共演者は?三人は共演するの??きっと皆さん思われてますよね?」とファンの心情を汲んだうえで、「しかし、まだ決まっていないこともあるのが現状でして、、」と言葉を詰まらせたが、「ご安心下さい。皆さんと僕等の映画。皆さんと僕等の第一歩。必ず素晴らしい作品にします!!」と意気込みを語った。

短編4本のうち『エピソード1』に主演する稲垣は、「僕のストーリーは園子温監督に撮っていただくことになりました。『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』など、素晴らしい作品を数々手がけておられます。今の僕を「むきだし」にしてくれそうな予感!」と期待が高まっている様子。続けて「真夜中のゴロウ」と、マグカップを口に運ぶ姿を公開し、「最近は私生活むきだし。。笑」と締めくくった。

この投稿に「待ちきれません!」「期待で胸が膨らみまくってます」「園子温さんと吾郎さんの作品楽しみにしてます」「最近の、むき出しゴロウさん、素敵です!」「少しずつ発表されるのが、なんともいえないドキドキ、ワクワク感がありますね」などのコメントが多数寄せられている。

【関連記事】
・監督発表(稲垣吾郎オフィシャルブログ)
・稲垣吾郎、穏やかな朝に小さな幸せ「心の在り方次第で見えてくるものまで変わる」
・稲垣吾郎、44歳の誕生日に6000件超の祝福コメントが殺到「最高の誕生日プレゼント」
・稲垣吾郎、親友・ヒロくんと「大地の恵みに感謝」ワインで乾杯
・稲垣吾郎、ブログへのリクエストやテーマにしてもらいたいことを募集