両下肢麻痺で車椅子生活の仮面女子・猪狩ともか、活動再開を発表「やっと、やっと…。会える日が来ます!!!!!!」

両下肢麻痺で車椅子生活の仮面女子・猪狩ともか、活動再開を発表「やっと、やっと…。会える日が来ます!!!!!!」

※猪狩ともかオフィシャルブログより

今年の4月に強風で倒れた看板の下敷きになり、脊髄損傷による両下肢麻痺のため車椅子生活を送りながらリハビリを続けているアイドルグループ・仮面女子の猪狩ともかが、14日に更新したアメブロで、活動再開を報告した。

猪狩は、「やっと、やっと…。会える日が来ます!!!!!!」と興奮気味に切り出すと、まずは今月の8月26日開催の『仮面女子Cafe』2部公演に姿を見せることを発表。さらに8月31日・9月1日には、福井県鯖江市がスポンサーとなり、『めがねのまちさばえDAY』として京セラドームで行われるオリックス・バファローズ対埼玉西武ライオンズ戦にも出演すると報告し、猪狩はそれぞれ「久しぶりに劇場に行けるんだーーー!楽しみすぎるなぁ……。」「初めての京セラ。西武戦。こちらも楽しみすぎる……。」と今から楽しみにしている様子。

猪狩は、「「早くみんなに会いたい」「元気な姿を見せたい」入院中ずっとこの想いでリハビリを頑張ってきました。現在進行形なので頑張ってますの方が正しいかな。」とつづると、オリックスの選手たちから色紙を贈られていたことを明かした。

西武ライオンズファンで知られる猪狩だが、今回その西武と対戦する相手であるオリックスからの色紙。猪狩は、「鯖江ボーイズ出身の吉田 正尚選手が鯖江市の方とお知り合いということで、サインの寄せ書きをしてくださりました。」という説明とともに色紙の写真を公開。

色紙の裏には「猪狩ともかさんへ 9月1日楽しみに待っています!オリックス・バファローズ選手一同」というメッセージが記されていたといい、猪狩は「これを見て更に「絶対間に合わせたい!」という気持ちを強くさせてくれました。参加が実現するので本当に嬉しいです!」とコメント。「ライオンズファンの皆さん、オリックスファンの皆さん。そして仮面女子ファンの皆さん!!!会えるのを楽しみにしています 是非是非お越しください!」と呼びかけた。

関連記事(外部サイト)