松嶋尚美、娘が足を負傷し先生から連絡「鬼ごっこ中に捻挫したらしい」

松嶋尚美、娘が足を負傷し先生から連絡「鬼ごっこ中に捻挫したらしい」

※松嶋尚美オフィシャルブログより

タレントの松嶋尚美が28日に自身のアメブロを更新。長女・空詩(らら)ちゃんが足を負傷し、先生から連絡がきたことを明かした。

この日、松嶋は「捻挫」と切り出し、「仕事終わりに携帯をみたら、先生から連絡が入ってて、、」と説明。「ララ、どうやら、鬼ごっこ中に捻挫したらしい」と連絡がきた理由を明かした。

続けて「帰宅したら、湿布した足に包帯して、アイスノンを敷いて1歩も動かないララがいました」と空詩ちゃんの様子を説明。一方で「トイレまでおんぶ、お風呂までおんぶ、部屋までおんぶ、、、」と述べるも、「iPadを触るときは歩いてる笑笑」とコメント。「どーゆーことやーー笑笑」とツッコミを入れた。

また「まっ、痛いのは痛いみたいだから、安静にして早く痛みがひくのを待つしかないよねー」と述べ、足に湿布と包帯を巻いた空詩ちゃんの姿を公開。「痛いのがイヤだけど、包帯は初めてだから嬉しい」と空詩ちゃんが言ったそうで、「なかなかの感想やーー」とつづり、ブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「早く捻挫治りますように!」「初めての包帯がうれしいのは何となくわかる気がします」「子供の頃 包帯とかちょっと憧れたよね」などのコメントが寄せられている。

(著者:Ameba編集部)

関連記事(外部サイト)