つんく♂ ℃-uteにメッセージ「時間を共有出来たことに誇り」

つんく♂ ℃-uteにメッセージ「時間を共有出来たことに誇り」

※つんく♂オフィシャルブログより

5人組アイドルグループ・℃-ute(キュート)の解散を受け、プロデューサーを務めていたつんく♂(48)が、自身のブログで℃-uteへ向けてメッセージを綴った。

℃-uteは2005年6月11日に8人組としてデビュー、2009年10月25日以降は矢島舞美(25)、中島早貴(23)、鈴木愛理(23)、岡井千聖(22)、萩原舞(21)の5人組で活動し、6月12日にさいたまスーパーアリーナで開催されたコンサート『℃‐uteラストコンサートinさいたまスーパーアリーナ ?Thank you team℃‐ute?』をもって解散した。つんく♂は、

「オーディションから振り返って15年。
℃-uteとしても12年。
長かったような、短かったような・・・

℃-uteとして過ごす青春の貴重な時間を彼女達と共有出来たことに誇りを感じています。」

と振り返り、メンバーとファンに感謝のことばを述べた。

また、つんく♂は、メンバーがオーディションの時に感じた印象そのままに成長したと思ったといい、メンバーひとりひとりに向けて労いのメッセージを送り、

「これまで彼女たちを応援して来てくれたファンのみなさま本当にありがとう。
今日のライブを見てもたくさんの曲と出会わせてくれたなぁって
心から思いました。」

とエールを送った。

℃-ute解散については、芸能界でも様々な人がねぎらいの言葉を綴っており、℃-ute ・矢島の前のハロプロリーダーを務めていた道重さゆみ(27)や初代ハロプロリーダー・中澤裕子(43)らもねぎらいの言葉をブログで綴っていて、道重は矢島・道重・中島の3ショットを公開し、

「ハロプロキッズの頃から約15年間、
楽しいことはもちろん、大変なことや苦しいこともあったと思います。
けど、昨日、あんなにもステージでキラキラしているみんなをみて、
何があっても°C-uteのみんなでお互いを信じ合い認め合い、努力してきた結果なんだろうな。と、改めて思い、心から尊敬します。」

とコメントした。

関連記事(外部サイト)