阿佐ヶ谷姉妹『THE W』舞台裏で「優勝なんてするわけない」と言われた“愛ある言葉”明かす

阿佐ヶ谷姉妹『THE W』舞台裏で「優勝なんてするわけない」と言われた“愛ある言葉”明かす

阿佐ヶ谷姉妹オフィシャルブログより

お笑いコンビ・阿佐ヶ谷姉妹が14日にアメブロを更新、女芸人の中から最も面白い“笑いの女王”を決める『女芸人No.1決定戦 THE W』(日本テレビ系)での優勝を報告した。

阿佐ヶ谷姉妹は「大変大変遅くなりましたが、10日夜に行われた「女芸人No.1決定戦 THE W 2018」まさかの結果で優勝することができました」と報告。「これも応援して下さいました皆様のおかげです。本当にありがとうございます」と感謝をつづり、「2本目のネタが終わってほっとした時の1枚」「優勝との結果が出たあとの1枚」など、舞台裏のオフショットを公開した。

決勝に臨むにあたり、同じ事務所の先輩にあたるお笑いコンビのザ・ギースやラブレターズにアドバイスをもらったといい、「皆さんお忙しい中、真摯に答えて下さって。優しい兄さん方です?」と感謝のコメント。さらに本番3日前には事務所の大先輩であるコントグループ・シティボーイズのきたろうにもネタ見せをしてアドバイスをもらったことを明かした。同じくシティボーイズの大竹まことからは、決勝当日に挨拶に行った際に「優勝なんてするわけない、他の9組プロで、お前達だけ普通のおばさんなんだから」「もしも間違えたり噛んだりしたら、動揺しないで相手が笑ってツッコんでやるんだぞ」と“愛ある言葉”で送り出してもらったといい、「そのおかげで、みほさんが一本目かんだ時にもアドリブでつっこむことが出来ました」と振り返った。

阿佐ヶ谷姉妹は「まだまだこの数日の出来事はご報告したいことばかり」とつづり、「続き、なるべく早く書きますのでまたよろしければ見に来て頂ければ幸いです」と呼びかけた。

この投稿に「優勝!おめでとうございます」「来たぁ?っ!!大好きな阿佐ヶ谷姉妹が、皆さんに認められて本当に嬉しいです!」「放送中はテレビの前で何度も大声で笑いました」「私事のように嬉しい優勝で、日々を頑張る気力をいただきました!」「これからもずっと楽しませて頂きます」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)