狩野英孝、本当に辛いのは「周りにアトピーをいじられる事」

狩野英孝、本当に辛いのは「周りにアトピーをいじられる事」

※狩野英孝オフィシャルブログより

お笑いタレントの狩野英孝が15日、自身のアトピーについてアメブロで言及した。

狩野は、かさぶた状になった右腕の写真を公開。「アトピーってさ 本当に治らないのかね。。手首を手術したみたいに傷口を作ってくよ。。。」とやるせない様子をみせた。

続けて、アトピーで一番辛いのは痒みや傷ではなく「周りにアトピーをいじられる事」と断言。「軽い病気かもしれないけど本人は必死」であると説明した。自身については「僕は芸人で良かった。。アレルギーやアトピーで悩んでたことをみんなが笑ってくれた」としている。

「大丈夫。。いつか治る」と希望を現すのと同時に、子どもへの遺伝について「子供にはアトピーは遺伝しないはず。しない。しない。しない。してほしくない。。。」と正直な気持ちを吐露し、「神様お願いします」と祈るように締めくくった。

この投稿に「症状が緩和されるように祈ってるよ!」「完治することは難しいかもしれないけどうまく付き合う方法がきっと見つかるよ」「狩野くんの子供はきっと大丈夫!!」などの励ましや、「わたしもずっとアトピー持ちで苦労してました」「世間の無神経さに苛立つお気持ち、わかります」「心無い言葉は本当に辛いですよね」など同じくアトピーに悩む読者からのコメントが寄せられている。

【関連記事】
・アトピー(狩野英孝オフィシャルブログ)
・狩野英孝 ハリウッド俳優風のはずが「ゾンビみたい」になった品川の写真公開
・狩野英孝の心霊スポット写真を公開「お化けのような発光体が。。」
・狩野英孝、“地味に”筋肉がついてきた腹筋を公開 「腕の筋肉もヤバい」「鼻血出そう」の声
・狩野英孝 ずっとアトピー性皮膚炎に悩んでいることを告白、写真公開「辛い」