市川海老蔵、手を握ってくる娘に感謝「すごく嬉しいよ」

市川海老蔵、手を握ってくる娘に感謝「すごく嬉しいよ」

※市川海老蔵オフィシャルブログより

歌舞伎俳優の市川海老蔵が17日、アメブロを更新。長女・麗禾ちゃんへの感謝をつづった。

現在、海老蔵は新橋演舞場で上演中の『初春歌舞伎公演』の座長を務めており、麗禾ちゃんは夜の部の『日本むかし話』で幼少のかぐや姫役を演じている。

「ありがとう。」と題したブログで海老蔵は、かぐや姫の衣装姿で自分の手を握る麗禾ちゃんの写真を公開。「いつもかぐや姫の幕切れの後 私の手を握りしめてくれている」と説明し、「ありがとう。すごく嬉しいよ」とつづった。

この投稿に「麗禾ちゃんの優しさやぬくもり、心遣いに愛を感じます」「まっすぐなやさしさ、たまらないです」「れいかちゃんの中に、麻央さんがいるように感じます。」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)