釈由美子、息子と初めて稽古場へ「少しずつ何か感じてくれたら嬉しい」

釈由美子、息子と初めて稽古場へ「少しずつ何か感じてくれたら嬉しい」

※釈由美子オフィシャルブログより

女優の釈由美子が16日に自身のアメブロを更新し、息子が初めて自身の稽古場を訪れたことを明かした。

釈は2015年に結婚、翌2016年6月12日に第一子となる男児を出産した。ブログでは頻繁に息子の成長や子育てについてつづっている。

16日のブログでは、息子を初めて稽古場に連れてきたことを報告。「主人が仕事なのでバトンタッチするまでの数時間。ちゃんと静かに待っていられるかドキドキだったのですが お昼休憩にお弁当を全部たいらげたあと椅子に座って稽古の様子をじっと見つめてました」とコメントし、息子の後ろ姿が映る写真を掲載した。

現場では、釈の出番の間は共演者や子役の母親たちが交代で息子を見ていてくれたため助かったといい、「息子は人見知りせずハイタッチして周るので みんなからも、とても可愛がってもらえて 稽古場の空気が和んでよかったです」とも。

稽古中は全くグズることなくおとなしく芝居をみていたといい、釈は、「「ママ、大きな声だして何やってるんだろう??」って思って見てたのかな。。母親が働いてる姿をこうしてたまに見せることができて息子なりにこれから少しずつ何か感じてくれたら嬉しいです」とつづる一方で、「でも、やっぱり私が落ち着かないから パパが迎えに来て バトンタッチできてホッとしました?。笑」と正直な胸中を吐露した。

読者からは、「お迎えに来るまで、大人しく、真剣にママのお仕事を見学出来て坊くんお利口さんですね」「大御所の演出家の佇まい(笑)」「静かに見てるとは坊くん偉いなぁ」のコメントが寄せられていた。

関連記事(外部サイト)