高橋真麻、足が痛み杖生活「変形と炎症を起こしておりました」

フリーアナウンサーの高橋真麻、足が痛み杖生活「変形と炎症を起こしておりました」

記事まとめ

  • フリーアナウンサーの高橋真麻が足が痛むため歩けず病院から杖を借りたことを明かした
  • 高橋は年末年始にポーランドで「変な歩き方と身体に合わない靴で歩き過ぎた」という
  • 高橋は変なバランスで歩き過ぎたため変形と炎症を起こしていた、と診察結果を明かした

高橋真麻、足が痛み杖生活「変形と炎症を起こしておりました」

高橋真麻、足が痛み杖生活「変形と炎症を起こしておりました」

※高橋真麻オフィシャルブログより

フリーアナウンサー高橋真麻が18日、自身のアメブロを更新。足が痛むため歩けず、病院から杖を借りたことを明かした。

年末年始にポーランドを訪れていた高橋。「年末に変な歩き方と、身体に合わない靴で歩き過ぎた為 脚が痛くて歩けずやっぱり病院に行ってきました」と病院を訪れたことを報告。「元々足裏のアーチが高く、外重心←良くない なのに加え 変なバランスで歩き過ぎたため変形と炎症を起こしておりました さらに上半身に比べて脚が細過ぎるのでトレーニングの指導も受けました」と診察結果を明かした。

「今は脚が痛いので運動は出来ませんが身体のバランス・重心・歩き方・筋肉トレーニングを考える良い機会になりました!!痛いし、心配だけどポジティブなう」と気持ちの面は元気な様子。「暫くお借りする杖がマダーミー…(笑)」とリハビリテーション科とシールが貼られた杖の写真を公開し、「今年は健康的な年にしようと 今更ながら新年の抱負を追加します」とつづってブログを締めくくった。

関連記事(外部サイト)