子宮が2つある子宮奇形で出産「けして稀なものではない」

子宮が2つある子宮奇形で出産「けして稀なものではない」

※MAAMIオフィシャルブログより

タレントのMAAMIが17日、自身のアメブロを更新。子宮が2つある子宮奇形での出産だったことを明かした。

14日に第1子となる男児を出産したMAAMI。17日更新のブログで「今回の妊娠・出産でたくさんのSNSの体験談や記事をみて励まされた部分があるから少しだけ体験談を残します どなたかの参考に少しでもなりますように!!!」とつづり、「「子宮が2つありますね」妊娠が分かってから診察で発覚したのはわたしは子宮奇形だということ」と告白した。

MAAMIの場合は「子宮が2つのお部屋になってる双角子宮というタイプ」といい、女性の5%程度にみられる症状で「けして稀なものではないそうです」という。「不妊症や不育症の原因になること。赤ちゃんの発育が遅れる要因や流産や早産のリスクが高かったり…調べれば調べるほど不安材料がいっぱいすぎてどうにかなってしまいそうでした」と不安なマタニティライフを送っていたことを吐露した。

子宮奇形は逆子になりやすいため帝王切開も覚悟していたというが、「できるだけ自然にとお願いしてた結果 子宮奇形でも自然分娩できました!破水してから長かったですが、本陣痛開始から数時間のスピード出産 無事に元気な赤ちゃんに会えてとてもとても嬉しいです」と喜びをつづった。2482gとやや小さめの赤ちゃんだったが「成長曲線の範囲内で問題なしだそうです」と報告した。

最後にMAAMIは「心配しすぎだったのかな?」と反省しつつ、「不安になってる方がいたらちょっとでも参考に…そして気が楽になってくれたらと思います」と呼びかけてブログを締めくくった。

関連記事(外部サイト)