紗栄子 チャリティーフリーマーケットで売上450万円、寄贈報告

紗栄子 チャリティーフリーマーケットで売上450万円、寄贈報告

※紗栄子オフィシャルブログのスクリーンショットです

タレントの紗栄子(30)が、自身のブログで、チャリティーフリーマーケットの売上と寄贈を報告した。
今回開催したフリーマーケットでは、ブランドの古着を扱うセレクトショップ・ZOZOUSEDを通してネット上で紗栄子の私服を販売し、その売上は4,556,400円。ZOZOUSEDの一部諸経費を除く全額を「赤十字子供の家」と「日本赤十字社医療センター付属乳児院」に寄付したという。

紗栄子は

「この売上げは全額寄付させて頂きますが、金額をそのままお渡しするのではなく、私がこの数年取り組んでいる、"現場に必要なものを実際に足を運び見極めて、形に変えて寄付する活動"として、寄贈させていただきます。」

と、ただお金を渡すのではなく、ものを寄贈していることを説明し、今回は電動アシスト自転車や、医療対応のベビーベッドなどを購入したことを報告。

なお売上は引き続きグループホームで使用するテレビや、乳児院で使用する医療対応したベビーベッドの購入などを検討しているとのことで、紗栄子は、

「大好きなお洋服が皆さんの手元に届き、そしてそれがこどもたちの笑顔に繋がるのはとても嬉しいことです。 6月にも、チャリティーフリーマーケットを開催する予定なので、皆さん是非ご参加ください」

と呼びかけている。

紗栄子は、去年発生した熊本地震の際も熊本と大分にそれぞれ500万円の寄付をするほか、現地にも度々足を運んでおり、紗栄子のボランティア精神には、

「紗栄子ちゃん感動しました
ずっと続けてもらいたいです」
「行動力あって尊敬します♪」
「素晴らしいなぁ」

と、尊敬の声が多く上がっている。

関連記事(外部サイト)