戸田恵子、ロケでのオフショットを公開『僕キセ』ファンから「癒される」の声

戸田恵子、ロケでのオフショットを公開『僕キセ』ファンから「癒される」の声

※戸田恵子オフィシャルブログより

女優で声優の戸田恵子が14日に自身のアメブロを更新。出演中のドラマ『僕らは奇跡でできている』(カンテレ・フジテレビ系)でダンサーの田中泯とのやりとりについて明かした。

同ドラマは、生き物のフシギに夢中な大学講師・相河一輝(高橋一生)の日常を描く人間ドラマで、戸田は一輝の家に住み込みで働く家政婦・山田妙子を演じ、田中は一輝の祖父で陶芸家・相河義高を演じている。

この日戸田は「僕キセのロケ。今朝は早くから山田さんは工房へ。」とつづって田中との2ショットを公開、「もう山の中は寒いです。足、冷え冷えでした。」と撮影を振り返った。

また、田中と以前にも会っていたことが発覚したようで、「2006年の朝日舞台芸術賞の授賞式」の記念写真を公開、「この年のグランプリは「歌わせたい男たち」そして私個人は秋元松代賞を頂き、田中泯さんは舞台芸術賞を受賞されました。」と、ここで出会っていたことを明かした。

「前列左から2番目が私。後列右から2番目が田中泯さん。シブい!」と説明する戸田に、田中は「そうだそうだ、そうだった!」と思いだしたようで、「12年前?お互い若かったですねと。笑っ」と微笑ましいやり取りを見せた。

これに対してファンからは「僕キセ大好きです 山田さんとかずきさんのやり取り、更に大好き!癒されてます!」「「僕キセ」とっても楽しく癒されます」などドラマに対する感想や、「二人、素敵ですね」「ご縁がおありだったのですね」など田中との写真に対するコメントなども寄せられている。

関連記事(外部サイト)