気象予報士・関口奈美、天気予報の“裏側”を明かす「ややこしいー」

気象予報士・関口奈美、天気予報の“裏側”を明かす「ややこしいー」

※関口奈美オフィシャルブログより

気象予報士の関口奈美が15日に自身のアメブロを更新。天気予報の“裏側”を紹介した。

平日、ニュース情報番組『首都圏ネットワーク』と『首都圏ニュース845』(NHK総合)で気象情報を担当している関口は「夕方以降の気象情報を長く担当しているため、お昼の天気はまだ慣れていません」と明かし、「まず、こんばんは!と言わないように気をつけています。」と「こんにちは」と書いたメモの写真を公開。

さらに、「あとは尺管理」といい、「57秒とか53秒とか絶妙なタイミングで喋るのをやめなくてはなりません!しかも、放送エリアや持ち尺も異なります」と明かし、「ややこしいー」と「尺管理」の複雑さをつづった。

この投稿に読者からは、「あの短時間に色々な尺管理があるのですね その中で正確な明確なお天気、ありがとうございます!」「土日、昼の気象情報何かといろいろたいへんなんですね」「頑張ってください!」「いつも時間いっぱいにまとめるのは流石ですね」などのコメントが寄せられている。

関連記事(外部サイト)